クマを縛って持ってきた人も! 東京下町の台所を支えた「行商人」を振り返る

かつて街なかで見かけた行商人。持ち歩いて販売するその商品は、かつて実に多彩でした。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


かつて行商人が多かった理由

 東京の街で近年よく見かけるようになったものといえば、フードデリバリーサービスです。1回の外出で複数回見かけることも、もはや珍しくありません。そんな東京にはかつて、配達だけでなく、さまざまな商品を持ち歩いて販売する「行商人」がたくさんいました。

 1977(昭和52)年に連載をスタートし、2013年に完結した藤子不二雄の名作『まんが道』では、主人公の満賀道雄(まが みちお)と才野茂(さいの しげる)が上京した両国の風景として、早朝にあさりやしじみが自転車で売られる様子が描かれています。

 豆腐も店で買うより、ラッパを吹きながら自転車やリヤカーに積んだ豆腐を売る「引き売り」から買うことの方のが多かったのです。

 こうした行商人が多かった理由は、家庭で食材を保存することが難しかったためです。

 現在では冷蔵庫技術の向上で、食材は長期保存できます。また、その容量も巨大です。しかしこれは平成に入ってからしばらくのことで、今の40代より上の世代の場合、大半の家庭用冷蔵庫はドアがふたつ。下の段が冷蔵で上の段が冷凍という、ちょうどひとり暮らしの学生の家にあるようなものでした。

 そうした事情から、買い物は毎日「必要な物を必要な量だけ」でした。現在では冷蔵庫にある食材から献立を考えるのが一般的ですが、当時はスーパーマーケットや商店街を歩きながら考えていたのです。それゆえ、行商人がその日使うぶんだけを家の近所まで売りに来るというスタイルは、理にかなっていたのでした。

東京の下町では昭和まで残っていた


【画像】1965年撮影、日暮里駅のホームに立つ行商人たち

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画