古墳だらけの東京・狛江市、歴史通じゃなくても思わずコ~フン間違いなし?

かつて「狛江百塚」と呼ばれたほど多くの古墳があった狛江市。そんな狛江市の古墳について、フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが歴史を交えて解説します。


古墳散策の季節がやって来た

 秋です。秋といえば古墳散策の季節ですね。

 古墳や城跡って草や木々に覆われているじゃないですか。だから春から夏は草が茫々(ぼうぼう)で虫もいっぱい、下生えが邪魔して歩きづらいし、緑が邪魔をして形が見えづらいのです。でも秋が深まって冬が近づくにつれ草が枯れ木の葉も落ち遠くから形があらわになり、「ああ、確かにあれは古墳だなあ」って感じになります。

 というわけで、今回は東京の古墳散策で1番好きなエリアを取り上げることにしました。それは狛江市。

畑の中にポツンと残る前原塚古墳。道路からのその様子がよくわかる。この見通しの良さがポイント(画像:荻窪圭)

 世田谷区と調布市と多摩川に挟まれた小さな市で小田急線が通っていて狛江駅と和泉多摩川駅があります。小さいのですが、実は古い歴史が詰まっていて見どころが多いのです。

 特に古墳。かつて「狛江百塚」と呼ばれたほどたくさんありました。今は古墳の形がそのまま残っているものから部分的に辛うじて残されたものまでさまざまですが、10基以上が残ってます。では行ってみましょう。

多摩川沿いには古墳がたくさん

 スタートは小田急線和泉多摩川駅。各駅停車しか止まらない小さな駅で、多摩川のすぐ近くにあります。多摩川が近い、というのがポイントひとつ。多摩川沿いには古墳がたくさんあったのです。

 和泉多摩川駅をおりて商店街を南西に向かうと、ちょっと広い道に出ます。このバス通りには「鎌倉街道」伝承が残ってます。多摩川の渡しへ向かう古道でした。

 通りを渡って、住宅街の片隅にあるのが猪方小川塚古墳(狛江市猪方3)。

 猪方というのはこの辺りの地名です。ここ、非常に新しい古墳……という言い方は変ですね、新しく発掘された古墳で、2011年に宅地造成に伴って発掘調査を行ったところ、墳丘(ふんきゅう。人を葬るためなどに土を積み上げて作った丘)は削られてほとんど残っていなかったものの、横穴式石室が発見されたのです。民家の庭に円墳の4分の1くらいがなんとか残っていた感じ。

 古墳時代後半の7世紀のものと推測されています。大化の改新が7世紀半ばですからその頃かもしれません。

猪方小川塚古墳公園。中央の屋根の中に発掘された石室が残っており、アクリル板越しに見ることができる(画像:荻窪圭)

 その土地が丸々「猪方小川塚古墳公園」として整備されたのが2020年4月。オープンしたばかりです。民家の間の小さな公園ですが、発見された石室を間近に見られるので古墳好きにはたまりません。

住宅街や農地にさりげなくたたずむ古墳群


【地図】今回登場する古墳をすべて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201106_komae_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画