隣人は「近くて遠い存在」 私たちはどうすればわかり合えるのか? 過去の苦い経験をとおして考える

隣人トラブルは、いつの時代もつきものです。そんなトラブルについて、過去の記憶と、また別の思いを重ねながら、ライターの秋山悠紀さんがつづります。


向かいに引っ越してきた、あるファミリー

 東京のような都心は、隣人との交流が少ないと言われています。特に単身者は町内会や自治会に入ったり、引越しの際に挨拶したりという繋がりがまったくない人も珍しくありません。

 一方、常日頃たくさん交流をしていても、むしろ交流しているからこそ、関係が悪化する場合もあります。

住宅街の隣人のイメージ(画像:写真AC)

 筆者がまだ幼稚園に通っていた頃。自宅の向かいに、県外から転勤族ファミリーが引っ越してきました。お父さんとお母さん、そして筆者と同い年のよし君(仮名)の3人です。筆者とよし君はそれから、互いの家の駐車場や近所の公園でよく遊ぶ、いわば幼馴染の関係でした。

 よし君の家は、メロンという名前の大型犬を玄関前の犬小屋で飼っていました。メロンは全身がこげ茶色で、体毛はボーボー。そして性格は少し荒っぽいものでした。家に家族以外の人が近寄ると、今にも首がちぎれるのではないかと思うほど、いつも小屋から身を乗り出していました。

 ある日、よし君のお母さんがメロンを散歩させようと首輪とハーネス(胴輪)を取ろうとしたときのこと。暴れたメロンがお母さんの手をすり抜けて車道を横切り、筆者宅の方へ走ってきました。

 そして、家の前の駐車場で自転車の練習をしていた筆者に飛び掛かってきたのです。筆者は当時5~6歳でしたが、メロンが襲い掛かってきた瞬間の記憶は今でも鮮明に覚えています。

「あの家とは関わらないで」に発展


【調査結果】女性のひとり暮らしはトラブルに巻き込まれやすい? しかし管理会社や大家さんには頼れない。その理由とは……?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190906_friend_04-150x150.jpg

New Article

新着記事