飲食店で無料はもう古い? お金を払ってでも飲みたい「プレミアム茶」とは何か

飲食店で飲むお茶というと、「無料でもらえるもの」というのが一般的なイメージ。しかし現在、お茶の「プレミアム化」が進んでいると、ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんは指摘します。一体どういうことなのでしょうか?


コーヒーや紅茶はお金を払うけど

 お茶といえば、日本人にとって大変なじみ深い飲み物であり、日常生活になくてはならないものと言っても過言ではありません。

 このお茶が今、ちまたでどのようなムーブメントを起こしているのか? お茶に対する意識調査やお店の事例とともに、今後のお茶の可能性について語っていきたいと思います。

 日本でお茶といえば「日本茶」が主流ですが、外食シーンにおいて日本茶は無料で提供されることが多く、コーヒーや紅茶に比べて「お金を払って飲む」イメージの弱い飲み物ではないでしょうか?

 この消費者心理について、ホットペッパーグルメ外食総研で調査したところ、やはり予想通りの結果となりました。

日本人になじみ深い緑茶(画像:写真AC)

 お茶が外食シーンにおいて「無料で提供されるイメージがある」と答えた消費者は約8割。すし店の「あがり」や居酒屋、和食店などを中心に「熱いお茶をください」と言えばお茶を無料で提供されることが多くなっています。

 このようなシーンは誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか? 中には、コーヒーを有料で注文すれば、飲み終わった頃に熱いお茶を無料提供してくれる喫茶店もあるほど。

 一方で、「プレミアムなお茶であればお金を払ってでも飲みたい」と答えた消費者は3割も存在します。また「プレミアムなお茶であれば、1杯のお茶に501円以上払う」と回答した人は約1割も存在するのです。ここに「無料で提供されることの多いお茶」が日の目を浴びる可能性を大いに感じています。

 では、お金を払ってでも飲みたい「プレミアム茶」とは、どのようなお茶なのでしょうか? ここからはそのヒントとなりうる事例をいくつか紹介していきます。

ボトル1本5000円の超高級お茶も


【画像】「お茶」がコンセプトのホテルって、どんなところ? 室内を見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_cha_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画