世にも珍しい「猫の爪研ぎ」付きの電柱――背景にある地域住民の葛藤とは

地域で暮らす猫は、周囲の住民同士をつなぐ愛すべき存在にもなり、逆に対立を生む火種にもなってしまいます。両者の違いは何なのか、東京キャットガーディアン代表の山本葉子さんが、自身の体験を通して考えます。


とある街の、猫用爪研ぎが巻かれた電柱の話

 猫をとっても好きな人たち。猫は特別好きじゃないけど困ってたら何とかしたい人たち。猫が苦手だけどまぁ居ても仕方ないよと思う人たち――。街は、ほとんどがそういう人たちでできています。ほんの少数、とんでもない悪事を猫に働くような人も。でも全体から見ればごくわずかです。

 朝に晩に通る道端に、気になる電柱があります。

 地域の猫や捨て猫を保護して譲渡希望者につなげる、「猫のシェルター」運営という少し変わった仕事をしている私(山本葉子。東京キャットガーディアン代表)は、もうほとんど習性のように「路地」や「塀の上」や「猫が好きそうな茂み」を探しながら毎日歩いていますが、こんな電柱はほかでお目にかかったことがありませんでした。

 ふわふわのクッション素材が、まわしのように巻いてあります。高さは人の膝元から腰にかけてくらい。そして猫の爪研ぎ跡が派手についています。色は鮮やかな黄緑、ポップで目立つ。

 楽しくなって眺めていると、住宅の横から巨大猫がひょいと出てきました。5kgは楽に超えていそう。ゆっくりのっそり、貫禄のあるいい面構えの黒白猫です。

ご飯もトイレも避難場所もある幸せな地域猫

 やおらバリバリと、豪快な音を立てて爪研ぎを始めました。人を全く気にしていない様子。1mくらいまで近寄っても平気です。警戒心の無さは、このかいわいを安全だと思っている証拠。見とれているともう1匹、さらに大きい猫が現れました。この地域は「巨大猫の産地」なのでしょうか? 同じく黒白で、きょうだいかも。

地域に愛され気ままに暮らす猫と、爪研ぎが巻かれた電柱(画像:山本葉子)

 ご近所さんに聞いてみると、長く地域に住んでいる猫たちでした。いつものお家でいつもの時間にご飯をもらって、不妊去勢手術も済んでいて、専用トイレもあり、台風や大雪の日などはお家に入れてもらうこともあるようです。

 町会さんや、お隣さんたちは、みんな優しい。多分日常的にあちこちでご飯やおやつをもらっているので、巨大になってしまったのかもと思いました。

小さな子猫を巨大に成長させた街の「善意」


【画像】猫たちの豪快な「爪研ぎ跡」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200424_bigcats_05-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200424_bigcats_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200424_bigcats_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200424_bigcats_04-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200424_bigcats_03-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200424_bigcats_02-1-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画