夏休み終盤に限って、親は子どもの「観察魔」なるべき理由

夏休みももうすぐ終わり。そんなときこそ、親は子どもの様子をしっかり観察する必要があると、これまで教育問題に幅広く携わってきた、元塾講師でライターの中山まち子さんは話します。いったいなぜでしょうか。


「いつもと違う何か」を察知することが大切

 夏休みももうすぐ終わります。そのようなタイミングで、もし子どもが「学校に行きたくない」と言ってきたら、親であるあなたはどうしますか?

 国立精神・神経医療研究センター(小平市小川東町)内の「自殺総合対策推進センター」の調べによると、小学生から高校生までを対象にした直近10年間のデータで、自殺者数は8月下旬から9月上旬にかけて多くなることが分かっています。

 こういった結果を踏まえ、子どもの親としてどう対処していけば良いのか考えていきます。

8月下旬に限って、親が子どもの「観察魔」なっても許される(画像:写真AC)

 夏休みが後半にさしかかると、「早起き生活がまた始まるから嫌」「学校に行くのが面倒」と冗談めかしく話す子が多く現れます。こういった言動の中に、子どもの異変が隠れています。

 上記のような言葉のほか、子どもが頭痛や腹痛などの体調不良を訴えてきても、異変と考えていいでしょう。学校再開までのカウントダウンが始まると、不安で夜に眠れなくなる子どもは少なくありません。これまでの様子と比べ、子どもが落ち込んでいたり、口数が少なくなったりしていないかを観察しましょう。

 子どもは成長するにつれ、「親に心配をかけたくない」と敢えて明るく振舞うようになります。「もう思春期なのかな」と思う親もいるかもしれません。しかし子どもは小学校高学年前後から空気を読み、本音を言わなくなります。元気過ぎたり、家族に優しすぎたりするなど、「妙に良い子になっている」と感じたら、それも危険なサインなのです。

「なんで行きたくないの」と子どもを問い詰めない


【写真】元メジャーリーガー松井秀喜さん、日本財団HEROsと協働の「いじめ・自殺防止」プロジェクトを開始。有名アスリートとアーティストらが大集合!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_ikitakunai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事