【東京・ロンドン徹底比較】店員は顎マスク、ハンドドライヤーも稼働中 「コロナ対策」に出るお国柄の違いとは?

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策。マスクやアルコール消毒といった基本的な対策にも、それぞれの国で微妙な違いがあるようです。2020年9月現在、仕事でイギリス・ロンドンに滞在するライターの鳴海汐さんが、東京とロンドンの違いをリポートします。


意外にもリラックスしたロンドン

 ヨーロッパの中で特に新型コロナウイルスの感染者数が多かったイギリス。現在はどのような状況なのでしょう。

 仕事の都合で2020年8月の下旬からロンドンに滞在している筆者が、コロナ対策における東京とロンドンとの違いを観察しました。

マスクを顎にずらしている店員も? イギリス・ロンドンの新型コロナ対策は(画像:写真AC)

 東京自体、少しずつ「平常運転」に戻りつつある印象はありますが、ロンドンではそれ以上にリラックスした雰囲気が流れています。

 今回の新型コロナウイルス感染が最初に拡大したのが中国・武漢だったため、当初は感染を恐れる人々がアジア人全般を避け、差別の対象にもなっていると盛んに報道されていました。

 渡英に当たってこのあたりを日本の知人や家族に心配されていたのですが、いまのところ特に冷たい視線を浴びていません。白人と黒人の友人によれば、「コロナが流行し始めた当初は中国人を避けていたけれど、感染があちこちで起こったからもう皆同じ」とのことでした。

マスクの色、主流は青と黒

 ロンドンの街では、東京ほどではないですが、想像以上にマスクをしている人がいるという印象です。

 ロンドンでは、2020年6月から公共交通機関で、7月からは店舗でのマスク着用が義務付けられています。違反すると最大100ポンド(約1万4055円、9月7日現在のレート使用、以下同)の罰金ということです。こういった場所では9割以上が着用している印象です。

 屋外でも、駅近くや店舗を利用したばかりと思われる人はそのままマスク着用をしていますが、駅や店舗から離れた住宅街などでは着けている人の方が少なくなります。

 ちなみにこちらはすでに最高気温が20℃を上回るかどうかといった涼しさ。テムズ川沿いをランニングしている人で、マスクをしている人はいません。

日本より割高、1枚約70円


【画像】日本との違いは? ロンドンの「コロナ対策」を見る(計5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画