コンビニだけじゃない! 都内に24時間営業のお店が急増した根本理由

コンビニやファミレスだけでなく、数多くの24時間営業の店舗が東京にはあふれています。そのきっかけは一体何だったのでしょうか。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


コンビニVSスーパーの時代に

 東京の街で、コンビニとスーパーはライバル関係にあると言っていいでしょう。それはオフィス街やターミナル駅近くのスーパーをのぞくと、一目瞭然。ドリンクコーナーが充実したスーパーは、まさに従来のコンビニの客層をターゲットにしています。

24時間営業の店舗イメージ(画像:写真AC)

 また、ドリンクだけでなく激烈な争いをしているのはお弁当。手軽なコンビニ弁当は安くて便利ですが、これに対抗するようにスーパーもお弁当を充実させています。

 店内調理を掲げるなど手法はさまざまで、いち消費者としては選択肢が増えるのは大歓迎です。

先鞭をつけた伊勢丹新宿店

 さて、そんなスーパーのコンビニ化ですが、歴史は結構長いのです。その始まりは、2000年代初頭から始まった閉店時間延長競争です。

 もともと大型商業施設の営業時間は、大規模小売店舗立地法(大店法)などで厳しく規制されていました。百貨店が18時に閉店していたことは、今でも覚えている人が多いでしょう。

 こうした規制が1990年代後半に緩和され、各百貨店は営業時間を19時、そして20時までと延長。その結果、どの百貨店でも会社帰りのOLや単身者の来店が目立つようになり、売り上げアップにつながりました。

 例えば伊勢丹新宿店(新宿区新宿)は、従来は金土日のみだった20時閉店を、2002(平成14)年4月から全日に拡大。そうしたところ、若い女性の来店が増え、食料品と化粧品の売り上げが増加しました。

伊勢丹新宿店(画像:(C)Google)

 これを見て、小田急百貨店や西武百貨店、東武百貨店など駅直結の百貨店も同様に実施。どこも売り上げが上昇しました。

営業時間の延長で見えてきたもの


【画像】浅草橋の24時間営業「コワーキングスペース」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_24jikan_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画