難関私大なのに大学群とは無縁! 独自入試で有名な「国際基督教大学」とはどのような大学なのか

ミッション系の都内難関私大として知られる国際基督教大学。にも関わらず、教育内容は思ったよりも知られていません。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


創立は戦後も高い知名度と難易度

 東京都内の有名なミッション系大学といえば、日本初のミッションスクールとして知られる明治学院大学(港区白金台)や青山学院大学(渋谷区渋谷)、上智大学(千代田区紀尾井町)、立教大学(豊島区西池袋)です。これらの大学は明治期から大正期にかけて創立され、歴史があります。

 そうしたなかでも異彩を放つのがICUこと国際基督教大学(三鷹市大沢)で、創立は1949(昭和24)年。戦後、キリスト教関係者が主導して生まれた大学です。大学開設は4年後の1953年で、知名度・難易度ともに高いものの、他のミッション系大学に比べれば歴史は意外なほど浅くなっています。

三鷹市大沢にある国際基督教大学(画像:(C)Google)

 それにも関わらず相応の地位を得ているのは、建学当初から少人数制を採用し(2021年度の学部生は2934人)、本場アメリカのリベラルアーツ教育(実用的な目的から離れた教養)を忠実に実践。国際人を育成する方針をぶれずに行っているためです。

 また、設立準備委員会の名誉総裁に高松宮宣仁親王が就き、ときの日本銀行総裁が資金確保に尽力。大学設立に向けて設置された国際基督教大学財団の名誉理事長に、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官のダグラス・マッカーサーが務めるなど、設立時に大物が関わったことも大学に箔(はく)をつける形となりました。

 広大な大学の敷地は、戦時中に「東洋一の航空機メーカー」と知られていた中島飛行機の研究所跡地です。ある意味、戦後日本の教育方針の転換を体現する象徴的な存在であるといえます。

他大学と一線を画す入試と学部構成


【図表】2020年度卒業生の就職先

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_icu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画