アニメの登場人物からYouTuberまで 現代の若者の「推し」が驚くほどバラバラな理由

アニメからバンド、YouTuberまで。現代の若者が「推す」対象は、驚くほどに皆バラバラです。「好き」多様性はなぜこれほどまでに進んだのか。Z総研トレンド分析担当の道満綾香さんが解説します。


変容する現代の「オタク像」のその背景

 1970年代以降に生まれたとされる「オタク」という言葉はかつて、アニメやゲーム、漫画など、当時まだ傍流にあった一部のサブカルチャーに対して猛烈な情熱を傾ける愛好者たちを指し示す、ごく限定的な呼称でした。

 ややネガティブなイメージさえまとっていたこの単語が、これほど一般的に使われるようになったのは、一体なぜなのでしょう。

まるで仕事のように精を出す「推し事」

 今、Z世代(1996~2012年に生まれた若者たち)の間では「推し事(おしごと)」の多様化が進んでいます。

「推し事」とは、自分の好きな有名人やコンテンツなどを「推す事」、つまり応援することで、「ヲタ活」とも言われています。お仕事をもじった造語であり、それはあたかも一種の仕事のように精を出すものとして捉えられている向きもあります。

現代の若者の「推し」は、アイドルからYouTuberまで、実にバラバラ。一体なぜ?(画像:写真AC)

 好きな対象を指す「推し」という表現自体は以前から使われていましたが、広く一般に知られるようになったのは、国民的人気アイドルグループとうたわれたAKB48の全盛期である2010年頃からでしょうか。

 いわゆるオタクの聖地、東京・秋葉原を拠点とした彼女たちの大ヒットは、オタク的とされるコンテンツやその楽しみ方、受け手側である消費者の振る舞い方なども含めて、オタクとそれ以外の人々との境界をよりあいまいなものにするという足跡(そくせき)を残しました。

 そして2020年現在。オタクを自認する人の層も、推す対象のジャンルもさまざまに広がりを見せています。

 アニメやゲーム、漫画、それにアイドルだけではなく、YouTuberやTikToker、バンド、モデルやInstagrammerなど、それぞれの推しのカテゴリーは見事なまでにバラバラです。YouTuberひとつを取っても「はじめしゃちょー」「水溜りボンド」「ポッキー」「あさぎーにょ」など、例をあげたらキリがありません。

常に新しいコンテンツに触れる若者たち


【調査】アニメ、漫画、ゲーム……自宅での過ごし方も実にさまざま

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画