ゴーン被告逃亡で想起? 61年前の杉並区「スチュワーデス事件」とは

2020年の年明けから世間を騒がせている、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告のレバノンへの「脱出劇」。今回の事案を受けて、ノンフィクション作家の合田一道さんは、かつて東京で発生したひとつの事件を想起したと語ります。

/wp-content/uploads/2020/01/200117_ghosn_03.jpg
1959(昭和34)年に女性の他殺体が発見された東京都杉並区の善福寺川(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/01/200117_ghosn_04.jpg
東京都杉並区・善福寺川の現在の地図(画像:Google)
/wp-content/uploads/2020/01/200117_ghosn_01.jpg
日産の元会長カルロス・ゴーン氏の記者会見の様子(画像:AFP=時事)
/wp-content/uploads/2020/01/200117_ghosn_02.jpg
神父の感想文を掲載した1959年の毎日新聞(画像:合田一道)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×