タワマン林立の佃島が「佃煮の聖地」になった知られざる歴史的背景

「佃島といえば佃煮」で知られる中央区の佃島エリア。そもそもどのような理由で、この言説が広まったのでしょうか。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


タワマン群と絵に描いたような下町の融合

 東京でタワーマンション群が開発され始めたのは1990(平成2)年前後で、その先駆けとなったのは「大川端リバーシティ21」(中央区佃)です。

 そんな同マンション群があるのが、佃島。佃島は対岸からみると近未来的ですが、その周辺にはいまだ懐かしい下町の風景が残っています。

タワーマンションが並ぶ佃島の風景と佃煮(画像:写真AC)

 駄菓子屋があり、道路で子どもたちが遊んでいる――令和時代とは思えない、まるで絵に描いたような下町が銀座からすぐの場所にあるのですから驚きです。

 そんな佃島の名物といえば、「佃煮」です。佃島には佃煮の名店がいくつか点在していますが、そもそもなぜ名物になったのでしょうか。

佃島の歴史とは

 佃島の歴史は長く、徳川家康が江戸に入府の際、摂津国西成郡佃村(現在の大阪市西淀川区佃)の漁民たちを招いたのが始まりです。

 家康が彼らを招いた理由は、本能寺の変(1582年)で、堺から本拠地の岡崎城へ逃げ帰り、その途中で船がなくなり難儀していた家康を佃村の漁民たちが助けたからだと言われています。

 ただ彼らは単なる漁民というだけでなく、ときには密使を務めたり、江戸城の食糧の確保を行ったりと、仕事はさまざまだったようです。

 諸説ありますが、彼らは「全国での漁業権」が与えられており、また、大坂の陣(1614~1615年)では軍船も手配したと言われています。

中央区佃の住吉神社(画像:写真AC)

 このときに漁民と一緒に神主もやってきたため、佃島の氏神は住吉神社(中央区佃)となりました。その後、埋め立てによって土地が広がったため、現在、住吉神社の氏子は勝どきや豊海、晴海までにわたっています。

「佃煮の発祥は佃島」は間違い


【古地図】知ってた? 明治初期の「佃島」はその名の通り島だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画