都市対抗野球 昭和初期の伝説「久慈次郎」がプロ入りを辞退したワケ

都市対抗野球の敢闘選手に贈られる「久慈賞」。この賞の設立には、野球に生き、野球に倒れたひとりの男の人生がありました。ノンフィクション作家の合田一道さんが歴史をたどります。


久慈賞のいわれ、ご存じですか

 社会人野球の「都市対抗野球大会(以下、都市対抗野球)」の敢闘選手に贈られる「久慈賞」。でも、そのいわれを知っている人は意外に少ないようです。

 久慈次郎はわが国にプロ野球が誕生するとき、大日本東京野球倶楽部(くらぶ。現・読売ジャイアンツ)の主将・捕手として入団が決まっていたにもかかわらず、自ら断り、社会人野球の函館太洋(オーシャン)倶楽部の監督兼捕手として活躍した人です。

都市対抗野球の会場となる東京ドーム(画像:写真AC)

 なぜ久慈はプロ野球入りを辞退したのでしょう。原因は北海道・函館を襲った大火でした。

函館を焼き尽くす1934年の大火

 1934(昭和9)年3月21日夕方、民家から出火した火災は風にあおられて燃え広がり、翌朝まで延々燃え続け、函館の街の半分を焼き尽くしたのです。

 焼失戸数2万4000戸余り、死者2256人にのぼりました。

 折しも同年晩秋に開かれる日米野球試合に向けて、全日本軍メンバーの選考が進んでおり、久慈は主将兼捕手として、投手は若林忠志、沢村栄治、スタルヒンら、内野手は山下実、三原脩(おさむ)、水原茂ら、外野手は中島治康、二出川延明らを選び、布陣を整えていました。

都市対抗野球を盛り立てた久慈次郎(画像:合田一道)

 久慈はこのとき、主催者の読売新聞社に対し、火災で疲弊している函館市民を励ますため、日米野球の1試合を函館で開催してほしい、と願い出たのです。

観客に愛された「ヒゲのおやじ」


【画像】北海道・函館に立つ久慈次郎の墓

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200702_kuji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200702_kuji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200702_kuji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200702_kuji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200702_kuji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200702_kuji_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画