エレファントカシマシ『悲しみの果て』――赤羽に生まれ、芸能界のドン・渡辺晋と遂につながった物語 北区【連載】ベストヒット23区(21)

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


昭和エンタメ界の重鎮の誕生

 さて、この連載「ベストヒット23区」も、いよいよあと3区を残すのみとなりました。残るのは北区と台東区と中央区。では先に北区に取り掛かります。今回、私(スージー鈴木。音楽評論家)が主張したいのは、「日本のエンターテインメント・ビジネスは北区から始まった」という事実です。

懐かしい雰囲気がただよう、北区の赤羽一番街商店街(画像:(G)Google)

 1927(昭和2)年の3月2日、北区滝野川(当時「滝野川区」)に、ひとりの男の子が生まれます。その男の子の名前は――渡辺晋(わたなべ・しん)。あの「渡辺プロダクション」(通称「ナベプロ」、現・ワタナベエンターテインメント)の創始者にして、昭和エンタメ界の首領(ドン)といえる存在。

 ただし、軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』(文春文庫)によりますと、父親の転勤で、東京から北九州市の門司、長野県の松本、そして東京と、引っ越しを重ねたようなので、「生粋の北区っ子」というわけではないようですが。

 早稲田大学に進学して、在学中から、折からブームだったジャズに着目、ベーシストとなり「渡辺晋とシックス・ジョーズ」を結成。しかし、ミュージシャンの待遇があまりに不安定なことを問題視。一念発起して1955(昭和30)年にナベプロを設立します。

 ここからの成功譚(たん)は、多くの人の知るところでしょう。芸能事務所としてのビジネスを確立しただけでなく、レコードやテレビ、映画など、さまざまな業界に進出、それらすべてを収益化、日本のエンタメ業界を支配する「ナベプロ帝国」を誇るに至りました。

テレビ局や社員との確執を経て


【画像】「本当に住みたい街大賞」1位 北区・赤羽の路地裏をゆく(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200620_kita_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画