独自路線を爆走する「テレ東」 でも開局当初はエンタメ要素ゼロのお堅い放送局だった!

東京都内に多く存在するテレビ/ラジオ放送局。しかしそのルーツについて知る人は少ないです。今回は意外なルーツを持つ放送局をライターのミゾロギ・ダイスケさんが紹介します。


「NET」という名前だったテレ朝

 先日、長い歴史にピリオドを打ったクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の放送が始まった1975(昭和50)年4月頃、テレビ朝日は「NET(エヌイーティー)」と呼ばれていました。Nは「日本」、Tは「テレビ」の頭文字です。

港区六本木にあるテレビ東京(画像:(C)Google)

 では、Eは? それは、バラエティー番組を次々にヒットさせる現在の同局とはイメージが異なる言葉の頭文字です。よって「エンターテインメント」ではありません。

 ある年代以上の人ならご記憶でしょうが──正解の発表を後回しにして、まずは時計の針を日本の民間放送の創成期に戻したいと思います。

「NET」の「E」はNHKの「E」同じ

 現存する民間のテレビ局、ラジオ局の歴史の始まりは、終戦から5年後の1950(昭和25)年に、法律によって民間放送局の設置が認められてからです。このとき、免許を与えられた者のみに周波数が割り当てられ、放送局を開設できるというシステムが整備されました。

 1951年、まずラジオの民間放送が始まり、東京の民放ラジオ局第1号としてラジオ東京(現・TBSラジオ)が誕生。テレビは最初に日本テレビ(1953年)が、次にラジオ東京のテレビ部門(1955年)が放送を開始しています。

 そして、1957年には郵政省(現・総務省)が、京浜地区で新たに三つのテレビ用周波数を割り当てることになります。そのうちひとつはNHK教育テレビジョン(現・Eテレ)に、残るふたつは民放総合局、さらに民放教育専門局にそれぞれ振り分けられることが決まりました。

 当時、国は放送メディアを通じた教育の役割を、民放にも託そうとしていたのです。

港区台場にあるフジテレビ(画像:写真AC)

 このとき、いくつもの勢力が参入を希望しましたが、最終的に民放総合局の枠で富士テレビジョン(現・フジテレビ)、“民放教育専門局”の枠で日本教育テレビに免許が与えられました。実は日本教育テレビこそ、NETの正式名称です。

 つまりNETのEは、「Eテレ」のEと同じ「エディケーショナル」……「教育」の頭文字でした。

かつてのテレ東は娯楽番組を放送できなかった


【画像】テレ東がある六本木3丁目の「50年前の姿」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_broad_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画