ネット騒然、やよい軒「おかわり」有料化 今後どうなる? 専門家に聞く

2019年4月22日

ライフ
ULM編集部

定食チェーン「やよい軒」の「ご飯おかわり無料」サービスがインターネット上で話題を呼んでいます。その狙いはなんでしょうか。専門家に聞きました。


都内の店舗の12%が対象

 持ち帰り弁当店「ほっともっと」を展開するプレナス(日本橋茅場町)。そのプレナスがもうひとつの事業の柱とするのが定食チェーン・やよい軒です。

 都内に65店舗を構えるやよい軒といえば、「ご飯おかわり無料」(十六穀米は不可)で知られ、昼時になると、流行の糖質制限を逆走するような、ご飯をガッツリ食べたいビジネスパーソンでにぎわっています。

やよい軒 三軒茶屋店の外観。当店舗は有料化は行っていない(2019年4月22日、ULM編集部撮影)

 そんなやよい軒ですが、全国の378店舗の約3%にあたる店舗で4月16日(火)から、「ご飯おかわり無料」を変更。白米のおかわりはプラス30円から100円まで、十六穀米は大盛りではプラス50円へと有料化しました。このことはインターネット上で大きな話題を呼んでいます。

 都内の対象店舗は、

・飯田橋店
・赤坂一ツ木通り店
・三ノ輪店
・亀戸店
・大島店
・大塚店
・町屋店
・南千住店

 の計8店舗です(茅場町店を除く)。その割合は約12%で、全国と比べて4倍に上っています。同社の広報担当者は、次のように話します。

「これらの店舗を選んだ理由は特にありませんが、共通するのは直営店ということです。インターネット上で話題ですが、当社としては『あくまでも、ひとつのテストマーケティング』という認識です。このテストも5月末に終了しますので、ご安心を。皆さまの声は今後も真摯に受け止めていきます」

 今回のテストには、同店を訪れる消費者層の変化もあります。

「やよい軒はもともと男性の来店客の割合が高く、男女含めて約70%の方が『ご飯おかわり無料』のサービスを利用されていました。しかし近年、家族連れや女性の利用者層が増え、その利用率が50%以下になってきたのです。

 その一方、十六穀米の利用者は、近年で20~30%増加しています。インターネット上では『ご飯おかわり無料』にフォーカスされがちですが、当社としては『ご飯おかわり無料』のイメージだけで成り立っているブランドという認識はそもそもないのです」

 同社では今後、テストに関して、得られたアンケートなどをもとに、今後の指針につなげていく格好です。

 やよい軒 三軒茶屋店(世田谷区太子堂、有料化対象外)から出てきた、中年男性はおかわりが出来なくなったことについて、「できたほうが良いのでは、と思っています。おかわりが出来るから通っているところがありましたし、お客さんが減ってしまうのでは、と心配しています」と話しました。また、別の若い男性は「僕はおかわりしないんで」と話していました。

米価の高騰も要因のひとつ


【写真】リーズナブルで人気のやよい軒のメニュー

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190422_yayoi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190422_yayoi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190422_yayoi_01-150x150.jpg

New Article

新着記事