今年の大学入試は「共通テストで合否判断」が進む? コロナ禍で迎える2度目の冬の試練とは

2021年の受験シーズンがいよいよ近づいてきました。新型コロナ対応に追われた都内の各大学は、昨年の教訓を生かせるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


多くの大学が追試験を決定

 秋の深まりとともに、2021年の受験シーズンが近づいてきました。総合型選抜(旧AO入試。従来の学力試験を課さず、小論文や面接によって学生の合否を決める選抜制度)の出願が始まり、これからいよいよ本格化です。

 オンライン授業を始めとして、2020年は大学にとって新型コロナウイルス対策に奔走する1年でした。2年目を迎えた本年度は、各大学ともに2020年の経験をベースにした運営を行っています。

 文部科学省は7月31日、「令和4年度 新型コロナウイルス感染症対策に伴う個別学力検査の追試等の対応状況」を発表しました。

 調査対象の国公私立大学・短期大学合わせて1020大学のうち、96.6%が「追試または追加の受験料を徴収せずに別日程への受験の振替」を実施予定であることがわかりました(7月末時点)。なお、文部科学省の追試等への対応は「大学入学共通テストの成績及び出願書類等による再選抜を行う場合も追試験に含む」としています。

 2021年1月の大学入学共通テスト(以下、共通テスト)は合計3回の試験日程を設定するなど、異例の措置が取られましたが、2021年1月の共通テストは従来通り、本試験と追試験の2体制に戻ることになります。

 センター試験時代は新型インフルエンザが流行した年を除くと、追試験会場は全国数か所に設置されるのが通例でした。しかし、文部科学省は9月14日(火)、各自治体の教育委員会や関連機関に配布した文書「令和4年度大学入学者選抜に係る共通テストの追試験の試験場の規模について」で、追試験会場は長距離の移動を極力抑えるため、全国自治体に設置する意向としています。

 2021年1月と同様、2021年1月の共通テストも、受験生の感染リスク予防の観点に基づいた対策がとられます。

早稲田大学は共通テストを代替に


【画像】早稲田大学の「新型コロナ入試対策」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210918_dai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_dai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_dai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_dai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_dai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210918_dai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画