「よろしく」はNG! 職場の外国人への「指示」方法とは

4月1日の「改正入管法」施行を受け、外国人労働者の増加が見込まれる日本。そのような状況下で、求められるのは彼らとの円滑なコミュニケーションです。いったいどういったことに気を付ければいいのでしょうか。


「よろしくね」「できれば」「なるべく」は要注意

 オフィスに限らず、日本語を用いた一般的なコミュニケーションで問題を引き起こすケースとして、相手が日本人であれ外国人であれ、日本語の「文脈依存度」の高さに由来する事例が多く見受けられます。

外国人スタッフとのコミュニケーション能力はより求められる時代に(画像:写真AC)

 これは、日本人があまり意識していない日本語の特徴で、一般に日本語の「ハイコンテクスト」性と言われています。

「ハイコンテクスト」とは、コミュニケーションを図る際に、前提となる文脈(言語や価値観、考え方など)が非常に近い状態のことを指します。互いに相手の意図を察し合うことで、「以心伝心」でなんとなく通じてしまう環境や状況のことです。

 例えば、

「今日3時にアメリカ人が来るから、よろしくね」

 と、みなさんが上司から指示をされたとします。

 この日本語は、文法的に何も問題がなく、完璧です。しかし、指示の際に「よろしく」で短くまとめるのはかなりリスキーです。

 なぜなら、そこに含まれている「意味」について、発信している上司はもちろん分かっているものの、受信する側には「アメリカ人を社外まで迎えに行く」「社内のエントランスでアメリカ人の出迎えをする」「アメリカ人との会議に、通訳として同席する」など、複数の意味が示されているため、具体的にどんな指示なのか、全く伝わっていない可能性があるからです。

 このように、そもそも日本語は相手の理解や話の流れに依存する傾向が強い(文脈依存度が高い)言語なので、まずはこのことを発信する側が知っておく必要があるでしょう。

「よろしく」と同様に、「できれば」「なるべく」なども、相手によって意味の取り方が大きく変わる表現ですから、特に指示の場面で用いる際には要注意です。

外国人との日本語コミュニケーションに必要な3つのスキル

 では、コミュニケーションの齟齬(そご)を防ぐために、具体的にどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。必要となるのは、以下のようなスキルです。

(1)指示は具体的に、また背景や目的をセットで伝える
例:この資料、明日の会議で使うので、今日の夜6時までに翻訳して、メールで私に送ってください。

(2)依頼は配慮表現を避けつつ、相手に考えてもらう余地を残す
例:うちの会社、来月この外国人採用イベントに自社ブースを出して、エンジニアを2名採用したいんだけど、◯◯さん、このイベントの規模と予算について、どう思いますか?

(3)会話中、相手が日本語を理解できたかどうか確認するときは「わかりましたか?」ではなく、伝えた内容そのものを、形を変えて質問することで、相手の理解度を確認する
例:
日本人(上司)「明日は展示会の会場に直行してください。現地で田中さんと会ってください。15時になったら、私に電話してください」
外国人(部下)「はい、わかりました」
日本人(上司)「明日、何をしますか?今、私に説明してください」

ポイントはコミュニケーションの「再現性」


日本の外国人労働者数はこんなに増えている

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190405_ng_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190405_ng_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190405_ng_02-150x150.jpg

New Article

新着記事