新型コロナで話題の「9月入学」、実はかつての日本で主流だった

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、話題となっている学生の「9月入学」案。その歴史と実施後の懸念について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


自治体トップも「9月入学」を提案

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、小学校から大学まで、広範囲にわたって授業の再開がままならない状態が続いています。そうしたなか、宮城県の村井嘉浩知事をはじめとする自治体トップたちは「9月入学」を提案、国会の質疑に取り上げられるなど大きな波紋を呼んでいます。

入学式のイメージ(画像:写真AC)

 9月入学は新しい制度のように聞こえますが、決してそんなことはありません。実は学制(日本最初の近代学校教育制度に関する基本法令)が公布された明治時代、日本の学校年度は9月だったのです。

 今回は日本と世界の年度の違いや、9月入学を乗り越える難しさを考えていきます。

世界は「新年度 = 9月」

 これまでに多くのメディアも取り上げていますが、アメリカや中国、ヨーロッパ各国の新学年は9月に始まります。

 フランスでは感染拡大の影響で本年度を全て休校にし、オンライン授業などに切り替えて、9月から本格的に再開すると発表しました。イタリアも3月時点で年度末の6月まで休校措置を取るとしています。

 日本では、感染拡大が年度末から年度初めにまたがったことで、教育現場に大きな混乱が生じています。各国の対応を見ていると、9月スタートの方が新入生や受験生の負担が少ないような印象を受ける人も少なくないでしょう。

9月入学は留学生来日のきっかけに(画像:写真AC)

 これを機に日本が学校年度を世界標準に合わせれば、海外の学校へタイムラグがなく進学でき、逆に留学生も母国と新学期が統一されているため、ちゅうちょなく来日できます。

 こうしたことからも、世界標準から外れていることで優秀な留学生が日本を敬遠するのではないかーーという懸念材料は解消されるのです。

偶然が重なり合って4月年度初めになった日本


【1000人に聞きました】新型コロナの感染が収束したら、あなたは日本社会が変わると思いますか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画