中央区「晴海」は物流・経済の新拠点になるはずだった! 89年廃止「晴海線」から考える

晴海はかつて、物流や経済の新拠点になると考えられていました。その面影を今に伝えるのが晴海橋梁です。鉄道ライターの弘中新一さんが解説します。


立ち入り禁止エリアから遊歩道へ

 東京の湾岸にはかつて、貨物輸送のための鉄道が張り巡らされていました。東京都港湾局専用線と呼ばれたこの鉄道は1989(平成元)年に廃止され、その遺構は再開発が進んだ今ではほとんど残っていません。しかし、中央区晴海と江東区豊洲をつなぐ春海橋(道路橋)と並行して架かる鉄橋は、同線の面影を今に伝えています。

 この鉄橋は晴海橋梁(旧晴海鉄道橋)といい、1989年以降も撤去されず残り、立ち入り禁止のままになっていましたが、現在、活用計画が進んでいます。

晴海橋梁(左)と春海橋(画像:(C)Google)




 きっかけになったのは2017年に東京都が示した臨海部の海上公園ビジョンで、晴海橋梁を遊歩道とするものでした。計画では2023年までに耐震補強工事を行い、整備は2024年に実施。稼働は2025年頃と見られています。

 公園化は現在、江東区側で豊洲のららぽーと周辺から、中央区側で運河に沿って完了しており、将来的には鉄橋のあった区間が公園となります。

東京市庁の移転計画もあった晴海

 今ではマンションエリアとなっている晴海ですが、かつては貨物船が接岸する埠頭(ふとう)を軸に、港湾設備と倉庫が広がる物流拠点でした。

 明治以降、月島に始まる東京湾の埋め立て工事によって、晴海は太平洋戦争前にはほぼ現在の形となっていました。当時の晴海は物流や経済の新たな拠点になると考えられており、一時は東京市庁を移転する計画もありました。

中央区晴海にある晴海トリトンスクエア(画像:(C)Google)

 計画が実施されていれば、現在の晴海トリトンスクエアの場所には都庁が建ち、都心とは晴海通りの地下を走る地下鉄で結ばれていたことでしょう。しかし当時はあまりに辺ぴすぎると反対論もあり、計画は頓挫しました。

選手村の場所にあったもの


【画像】晴海橋梁のある場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220120_harumi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_harumi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_harumi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_harumi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_harumi_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画