「アムラー現象」再び? 東京で今季、ロングブーツ・ミニスカートが流行り始めているワケ

歌手の安室奈美恵さんが一世を風靡した90年代、東京の街ではロングブーツにミニスカートの若い女性が数多く見られました。それ以来あまり見掛けなくなっていたこのスタイルが、2021年ついに本格的な再流行の兆しを見せています。最新のトレンドを追いました。


長らく続いた、ショートブーツ時代

 本格的な秋の気配とともに涼しさが増していくこの時期、足元のメインもサンダルからパンプスやスニーカー、そしてブーツへ――。ブーツは秋冬のマストアイテムです。特に東京では2020年頃から、本格的な「ロングブーツ」再流行の兆しが見えています。

ロングブーツを使ったコーディネートは、インスタグラム上にも多数の投稿が(画像:柏木智美さん、tomomi_no_page)

 ロングブーツといえば、90年代の一大ブームを思い出す人も多いのではないでしょうか。

 一世を風靡(ふうび)した歌手の安室奈美恵さんをまねする「アムラーファッション」は、ひざ丈かそれ以上の長さのロングブーツが定番アイテム。タイトなニットやミニスカートと合わせて着こなす女性たちが、渋谷の街を闊歩(かっぽ)しました。

 一方、2010年代以降はショートブーツが主流に。同時にファッション全体では、オーバーサイズのものをゆったり着こなす「ビッグシルエット」が流行しました。

 こうした2010年代トレンドの背景には、ZOZOTOWNに代表されるインターネット通販の普及によって、試着しなくても着られる、様になるスタイルが選ばれるようになったとの理由が指摘されています。脚(ふくらはぎ)のサイズを気にせず履けるショートブーツも、こうした傾向と合致するものと言えます。

 しかし、2019~2020年頃から再び、渋谷や表参道など東京の街ではロングブーツ、さらにミニスカートの女性を目にする場面が増えています。いったいなぜなのでしょうか。

再びロングブーツが支持される理由


【画像】90年代「アムラー」と今季ブーツを比較する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_boots_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画