都内絶滅寸前の「水田」が足立区にあった! 田んぼを守り続けた農家の意地を聞いた

足立区の扇地区に、なんと区内唯一の水田があります。いったいなぜ残っているのでしょうか。編集者・ライターの小野和哉さんが取材しました。


住宅街の中に突如として現れる謎の水田

 東京都の足立区南西部、都営日暮里・舎人ライナーで隅田川と荒川を超えてすぐの場所に扇という地区があります。

 扇大橋駅を降りて住宅街を数分ほど歩くと、突如として現れるミニミニサイズの田んぼ。東京23区で生活をするなかで水田を目にする機会はほぼないので、見かけた誰もが意表をつかれることでしょう。

足立区扇にある水田の様子。6月撮影(画像:小野和哉)

 東京都産業労働局農林水産部「東京都農作物生産状況調査結果報告書(平成30年産)」によると、特別区部、つまり東京23区の農業産出額は「野菜」が3563(単位は100万円。35億6300万円)であるのに対して、「稲・麦類」は0です。報告書には「表示単位に満たないものは『0』で表記」とあるので、産出額が100万円にも満たないということなのでしょう。

 行政によって管理されている農業体験用の水田などはいくつか存在しているようですが、先祖代々受け継がれ、農地として耕作されている田んぼはほとんど幻のような存在になってきています。

 足立区扇の水田も、東京23区に残る貴重な田んぼのひとつであり、かつ足立区では唯一の水田です。今回、取材の過程でお話を聞いた足立区立郷土博物館(同区大谷田)の学芸員さんは次のようにいいました。

「私もなんであそこに水田が残っているかわからないんですよ」

 ミステリアスな足立区扇の水田、誰がどんな目的で管理しているのか、調べてみると知られざるストーリーが浮かび上がってきました。

江戸自体以降、新田開発が進んだ足立区


【地図】足立区「扇地区」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_adachi_09-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画