昭和レトロはもう古い? 若者が今「平成文化」にどハマりする理由

現在、学生を中心に平成のものを懐かしむ「平成レトロ」が流行っています。いったいなぜでしょうか。


「平成レトロ」を広めるふたつの世代

 令和の現在、平成はすでにレトロと呼ばれる時代になっています。最近は学生を中心に1990年代あたりの文化を楽しむ「平成レトロ」が流行しています。今回は東京在住の大学生である私が、今はやりの「平成」について語ります。

 平成レトロを広めているのは、「ミレニアル世代」「Z世代」と呼ばれるふたつの世代です。

 ミレニアル世代とは1981(昭和56)年以降に生まれ、2000(平成12)年以降に成人を迎えた世代です。日本だと20代前半から30代後半くらいの年齢の人々を指します。彼らは子ども時代に平成カルチャーを経験しています。学生時代からスマートフォンを使いこなし、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNS利用にも積極的です。

 一方、Z世代とは1996年から2015年の間に生まれた世代を指します。デジタルが当たり前の時代に生まれてきたことから「デジタルネーティブ」とも呼ばれます。令和の始まりと同時に社会に出て、新しい時代を切り開く世代とも言えます。

 そんな彼らが広める平成レトロを、五つご紹介します。

1.写ルンです。

 スマートフォンが出てから好きな時に好きなだけ写真が撮れるようになりました。しかし、平成レトロを楽しむために「写ルンです。」を使う若者が急増しています。

「写ルンです。」と専用ケース(画像:ヴィレッジヴァンガード)

「写ルンです。」は東京のさまざまな場所で売られています。また、スマートフォンで撮った写真をわざわざアプリで「写ルンです。」風に加工して、SNSに投稿する人もたくさんいます。

 何気ない日常を切り取っても、平成レトロな画像加工を行えば、エモい写真が撮れると若者の間で人気です。

2.喫茶店


【画像】Z世代が選ぶ「2021年上半期 トレンドランキング」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_retro_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画