都内「空き店舗」にトレカショップが次々と入居し始めている理由

近年拡大しているトレーディングカードゲーム市場。その背景には何があるのでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


新業態や大型店舗が次々に登場

 トレーディングカードゲーム(TCG)の人気がここ最近、急上昇しています。TCGとは「異なる点数や価値のついたトレーディングカードを組み合わせて出し合い、勝負を争う遊び」(デジタル大辞泉)で、都心の繁華街の雑居ビルや商業施設では、新型コロナウイルス感染拡大の影響でテナントが抜けているものの、一方でTCG人気を追い風にトレカショップが次々に増えています。

都内の空き店舗イメージ(画像:(C)Google)

 2021年7月には、秋葉原に国内最大級のポケモンカード専門店「晴れる屋2」がオープンしました。また9月には、ゲームセンター「アドアーズ秋葉原店2号店」が入店していたビルに専門店「トレーディア」(ともに千代田区外神田)がオープンしました。

 そのほかにもカフェ併設の「トレーディングカードショップ Clove Base 秋葉原」(同区神田佐久間町)や、渋谷パルコ内にある国内最大級の「SPORTS CARD &CARD GAMES SHOP MINT 渋谷店」(渋谷区宇田川町)など、新業態や大型店舗が次々に登場しています。

 さらにはカードゲーム系ユーチューバーが運営するショップがオープンするなど、都心におけるTCG関連の新規店舗のニュースは枚挙にいとまがありません。

 世界中で古くから楽しまれているTCGといえば、米ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の「マジック:ザ・ギャザリング(MTG)」です。国内では1996(平成8)年の任天堂「ポケットモンスター(ポケモン)」をカードゲーム化した「ポケモンカードゲーム」の登場からその歴史は始まり、1999年にはKONAMIから「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム(遊戯王OGC)」が販売されています。

 遊戯王はもともと週刊少年ジャンプに連載されていた漫画で、作品中に登場するさまざまな遊びのなかのひとつであるカードゲームから火が付きました。アニメの人気もあって、幅広い層に人気が拡大。販売枚数がギネス世界記録に認定されるほどの世界的なブームとなりました。毎年、世界大会も開催されています。

 この人気を受けてタカラ(現タカラトミー。葛飾区立石)はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社とタッグを組んだ「デュエルマスターズ」を販売。こちらもアニメ化されて人気を呼びました。

 また、2007年にはトレーディングカードゲーム専門企業であるブシロード(中野区中央)が設立され、アニメ化もされているTCG「カードファイト!! ヴァンガード」や「フューチャーバトル バディファイト」、さまざまなアニメのキャラクターがクロスオーバーして対戦するTCG「ヴァイスシュヴァルツ」など多くのTCGを生み出しています。

 このほかに、アーケードゲームでも「WCCF FOOTISTA」「三国志大戦」「戦国大戦」「艦これアーケード」など、さまざまな人気ゲームが登場しています。

親子2世代で楽しむケースも


【図表】2020年度の国内玩具市場規模は8268億円! 前年度比101.5%で、コロナ禍と少子化の中でも好調

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211228_tcg_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_tcg_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_tcg_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_tcg_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画