AKB48誕生前後で激変した「秋葉原」 サトームセン・石丸電気は消え、最後に残ったものとは

いくつものミリオンヒット曲を持つ人気アイドルグループ「AKB48」。そんな彼女たちの楽曲の中で、東京・秋葉原の移り変わりを感じさせる“隠れた名曲”があるのをご存じでしょうか? チアライターの成田愛恵さんが、街の歴史とともに解説します。


数々のヒット曲に埋もれて

 秋葉原の地名を冠したアイドルグループ「AKB48」。

 2021年5月には最後の1期生・峯岸みなみさんの卒業コンサートが開催。ともにユニット「ノースリーブス」を結成していた小嶋陽菜さんや高橋みなみさんをはじめ、大島優子さんや指原莉乃さんらレジェンドメンバーたちが多数出演し、話題になりました。

誰もが知っているアイドルグループに成長したAKB48。2010年10月4日撮影(画像:時事)

 AKB48と聞くと、皆さんはどんな曲を思い浮かべるでしょうか。

 好きな人への抑えきれない思いを歌った『会いたかった』(2006年)や『大声ダイヤモンド』(2008年)。まぶしい太陽と笑顔が目の前に浮かぶ『ポニーテールとシュシュ』(2010年)に『真夏のSounds good!』(2012年)。

『ヘビーローテーション』(2010年)や『恋するフォーチュンクッキー』(2013年)といったダンスナンバーを聞くとついつい体が動いてしまう、なんて人もいるでしょう。

 そんなAKB48の楽曲に、誕生の地・秋葉原そのものを舞台にした曲があるのはご存じでしょうか。

隠れた名曲『AKB48』の歌詞とは


【10年前のアンケート】AKB48「理想の花嫁」ランキング、1位は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_akb_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画