金町駅北口、大型再開発で「タワマン」建設へ――「都内唯一のあの施設」はどうなる?

常磐線などが乗り入れる金町駅の北口には、50年近く続く「都内唯一」の名物施設があります。金町駅周辺の大型再開発とその名物施設の行方について、都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。


金町駅北口の大型再開発始動――姿を変える「理科大学通り」

 古くは鎌倉街道の要衝として栄え、江戸時代には水戸街道の川関所が置かれたことで栄えた金町。
 近年、金町駅南口周辺では再開発が進み、街並みが大きく変化しつつあった一方、北口は昔ながらの商店街が残る街として知られ、また2013年の東京理科大学葛飾キャンパス開設以降は学生向けの店舗も増えつつありました。

近く大型再開発が着工される金町駅前商店街・理科大学通り。(開発地域は写真左側) 古くからの商店街として知られ、近年は学生向けの店も増えています。




 その金町駅北口が「東金町一丁目西地区再開発」により大きく生まれ変わろうとしています。果たしてどう変わるのか、そして「都内唯一」のあの名物施設はどうなるのか――。

再開発で消える老舗ヨーカドー、屋上にある「都内唯一」とは?

 今回、再開発が行われるのは駅北口の西側で、金町駅前商店街・金町銀座商店街の一角を形成する「理科大学通り」にある「イトーヨーカドー金町店」とその周辺エリア。再開発面積は約3ヘクタールと広大です。
 再開発エリアの多くを占めるイトーヨーカドー金町店は1973年7月に開店。23区内に現存するイトーヨーカドーの総合スーパーとしては屈指の老舗店舗でした。2008年にはセブンアイグループのホームセンター実験店「セブンホームセンター」の1号店が出店したことでも話題を呼びましたが、現在は普通の総合スーパー業態に戻っています。

イトーヨーカドー金町店。再開発のため閉店する予定。

 イトーヨーカドー金町店の店内は至って「普通のスーパー」ではあるものの、普通ではないのはその屋上。常磐線の車内からも看板が見えるためご存知の人も多いと思いますが、このイトーヨーカドー金町店は屋上全体に「自動車学校の教習コース」が設けられているのです。
 実は、この自動車学校「金町自動車教習所」はイトーヨーカドー出店前からあったもので、1960年代の航空写真ではこの地の「地面」に自動車学校のコースが設けられていることが確認できます。その後、自動車学校は1973年のイトーヨーカドー開業に伴ってイトーヨーカドーの3階に移動。「日本初の屋上自動車学校」となりました。東京都内では、スーパーの屋上にある自動車学校はここが唯一です。

イトーヨーカドーの屋上は「自動車学校」だった! この看板の下付近にはかつてあった貨物線の痕跡も残されています。

 ちなみに、こうした「商業施設の屋上に設けられた自動車学校」はその後全国各地に設けられ、現在も札幌市、横須賀市、福岡市などで見ることができますが、いずれも狭く限られた敷地を利用しているため「免許を取るのが難しい」と噂されるものも。筆者はイトーヨーカドー金町店の屋上部分に入ったことはありませんが、難コースに悩まされた卒業生もいるのではないでしょうか。
 また、駅北口には2003年まで葛飾区新宿(にいじゅく)の三菱製紙中川工場に至る貨物専用線があり、イトーヨーカドーの裏側には未活用の廃線跡も残っていますが、これも再開発により「見納め」となりそう。ちなみに、現在この三菱製紙跡は東京理科大学葛飾キャンパスや公園などとして活用されています。

「タワーマンション」核の建物に――ヨーカドーと自動車学校はどうなる?


この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/05/1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/4-150x150.png
/wp-content/uploads/2022/05/5-150x150.png
/wp-content/uploads/2022/05/6-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/7-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画