帰省時の必須アイテム「東京土産」の種類が30年間で格段に増えたワケ

東京から帰省する際の楽しみといえば、お土産選びです。その歴史について、フリーライターの犬神瞳子さんが解説します。


最近のトレンドとは?

 地方出身者が帰省する際、土産は欠かせません。なるべく東京らしく、でも凡庸ではないものを選ぼう――と、頭を悩ます人は少なくないはずです。

 東京土産の定番といえば、東京ひよこ(台東区上野)の「名菓ひよ子」をはじめとして
・東京ばな奈(グレープストーン)
・錦豊琳かりんとう(丸井スズキ)
・芋ようかん(舟和本店)

など、さまざまです。

土産菓子のイメージ(画像:写真AC)

 今回、そのなかのベスト商品を調べようとしたのですが、残念ながらデータが存在しませんでした。雑誌では1990年代まで、場所ごとに最も売り上げた商品を紹介していましたが、近年ではそうした記事やデータが公表されていません。インターネットで「東京土産 ランキング」と検索すると、さまざまなサイトが表示されるものの、当てになるとはいいにくい状況です。

 ということで過去の雑誌記事を調べたところ、戦後の長い時期において東京土産の「選択肢」はさほど多くなく、名菓ひよ子を筆頭に人形焼きや雷おこしなどが定番となっていました。

定番と流行品の戦い


「タイ人がお土産にしたい日本のお菓子」ランキングNo.1が決定! 2位は「東京ばな奈」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211228_banana_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_banana_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_banana_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_banana_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_banana_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_banana_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画