90年代の若者を解放した、「萌え」文化の立役者『サクラ大戦』を振り返る

1990年代に一世を風靡したゲーム『サクラ大戦』。その歴史と「萌え」文化の兆しについて、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


家庭用ゲーム機の覇権を巡って

 1990年代半ば、家庭用ゲーム機の覇権を巡ってハードメーカーが激烈な争いを繰り広げていました。

 その戦いに最後まで勝ち残ったのはプレイステーション、セガサターン、ニンテンドー64の三機種。三つどもえとなった争いで勝者となったのは、プレイステーションでした。もはやプレイステーションの勝利は揺るぎないーー。多くの人がそう感じたのは1997(平成9)年8月頃でした。

 同年1月、プレイステーションから切り札となるゲームが発売されます。『ファイナルファンタジーVII』です。

『ドラゴンクエスト』シリーズと並ぶ、ファミリーコンピュータ時代から、発売されれば必ず売れるビッグタイトル。その発売元であるスクウェア(現スクウェア・エニックス)が任天堂からソニーにハードを乗り換えた時点で、ソニーの勝率は高まったのです。

 鳴り物入りで登場した『ファイナルファンタジーVII』は驚異的な売り上げを誇りました。1996年12月から1997年6月までの家庭用ゲームソフト売り上げ上位5本は、次のとおりです(オリコン調べ)。

1位:ファイナルファンタジーVII(315万本)
2位:スーパーファミコン ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(93万本)
3位:マリオカート64(85万本)
4位:レイジレーサー(84万本)
5位:スーパードンキーコング3(67万本)

 これを見れば『ファイナルファンタジーVII』が、どれだけの超人気タイトルだったかが一目瞭然です。

低迷するセガサターンに差し込んだ光


【調査結果】3月末時点で、あなたが気になっていた「2020年春アニメ」は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_sakura_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画