クイズ番組『東大王』で思い出した、80~90年代「東大ブーム」に見る人々の飽くなき知識欲

人気クイズバラエティー『東大王』が現在人気を博していますが、東大ブームはかつても存在しました。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


最難関国立大学にして、観光スポットの姿も

 東京を代表する大学といえば、言うまでもなく東京大学です。

 そんな東京大学の戦前の名称は、東京帝国大学です。ただこれは、1897(明治30)年の京都帝国大学開学以降の話で、それ以前は帝国大学という実にシンプルな名前でした。

 現在は各地に関連施設を持っている東京大学ですが、中心はやはり本郷キャンパス(文京区本郷)です。広い本郷キャンパス内は学生だけでなく、散歩する人や観光客でにぎわっています。

 紅葉時にイチョウの下でギンナンを拾っている人たちも、もはや風物詩と言って過言ではありません。また古い建物が現役で使われているため、観光地としてもポテンシャルも申し分ありません。

東大生の「知力」が目下ブーム

 そんな東京大学に通う学生たちの「知力」は、いつの時代も人々の憧れです。最近は東大生が多数参加するクイズ番組『東大王』(TBS系)がテレビで盛んに放映され、人気を博しています。

クイズ番組『東大王』(画像:TBS、KADOKAWA)

 いわば東大生は一種のブームとなっているわけですが、東大生の「知力」がブームになったのは、これが初めてではありません。

 かつては、『知の技法』ブームがありました。

『知の技法』は東京大学の新入生向けに実施する「基礎演習」のテキストで、教授陣18人が共同執筆した書籍。1994(平成6)年の春にベストセラーとなりました。

 学問の考え方から、論文の書き方・引用の仕方、口頭発表の作法と技法まで、知識を生かすための基礎が網羅された内容で、それに加え、書籍の作りが従来になかった革新性を帯びていました。

実際に一般人が買った結果……


【画像】『東大王』のマドンナ「鈴木光」さんをチェックする(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200424_todai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画