80年代に到来したスキーブーム! 若者たちは一心不乱に「神田神保町」へ集った

1980年代に起こったスキーブーム。そんなブームと大きく関わっていた東京の場所が神保町です。当時の熱狂とはいかほどのものだったのでしょうか。フリーライターの小西マリアさんが解説します。


神保町がにぎわった珍事

 ウィンタースポーツの王様といえば、かつてはスキーでした。その全盛期、多くの若者が足を運んだのが、神田神保町(千代田区)のスキー用品店街でした。

神田神保町のスキー用品店街。2020年撮影(画像:(C)Google)

 このエリアにスキー用品店が増加したのは1980年代前半のこと。それまで一帯は純然たる学生街といった雰囲気で、目立つのは古書店程度でした。

 1970年代半ばの政治の季節が終わると、大学生は学生生活の多くを余暇に注ぐようになります。そうしたなか、学生街の神保町にはスキー用具をはじめとするスポーツ用品店やオーディオ用品店が数多く登場しました。1980年代初頭のことです。

 初期の神保町スキー用品店街の様子は、このように報じられています。

「かつての古本屋街からスポーツ用品店街へと変身したかのように、表通りにスキー用品店が並ぶ。その一軒、ヴィクトリアJOYスキー用具館は、16日昼過ぎから店内が客でごった返した。「ひやかし」は少なく、ほとんどが現金を手にした買い入れ組。スキー板では9万円前後、靴も7.8万円と輸入ものの高級品に人気が集中した。(中略)高級品志向に乗って、若者たちのポケットから一万円札が無造作につかみ出される」(『朝日新聞』1984年12月17日付朝刊)

 スキーブームといえば一般的にバブル期のイメージですが、実はその数年前から始まっていたのです。

ハードなスキー用品業界

 スキーブームの始まりは1980(昭和55)年頃とされています。

 同年に関越自動車道の長岡JCTが開通し、北陸自動車道との接続が完了。その後、1982年の上越新幹線の開通と、ゲレンデへの交通アクセスは次第に向上していました。

 ちなみに1980年には、名曲『サーフ天国、スキー天国』『恋人がサンタクロース』が収録された松任谷由実のアルバム『SURF&SNOW』が発売されています。

松任谷由実『SURF&SNOW』(画像:ユニバーサルミュージック)

 スキー人口は1980年代を通じて増加し続け、そのピークは1993(平成5)年の1770万人でした。なんと日本国民の約9人にひとりはスキーをしていたのです。前述のようにスキー用品店が人でごったがえし、現金が飛び交う事態が生まれるのも当然です。

 しかし、スキー用品ビジネスはかなりハードでもありました。スキー商戦のピークは12月頃で、夏にバーゲンを行って前年の在庫を処分。新製品は8~9月から並び始めるため、新製品が正価で売れる時期は極めて短いのです。

 しかもライバル店が多く、値引き合戦は当たり前。客もそれを知って買い物にくるのですから、1円でももうけたい店側と1円でも安く買いたい客側の熱気が、街にさらなる活気をもたらしていました。

スキーウエアのファッション性も加速


【図表】一目瞭然! 国内「スキー人口」の変化

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211224_ski_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_ski_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_ski_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_ski_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_ski_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_ski_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画