日本初の「カレーレシピ」出版から150年! 明治時代の日本人は“新味”をどう味わったのか【連載】アタマで食べる東京フード(19)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードの今と歴史を巡ります。


明治5年、日本初のカレーレシピ刊行

「ネギ2本の薄切りをバター150グラムできつね色に炒め、カレー粉と小麦粉各匙(さじ)1杯、塩適量をよくかき混ぜたものと合わせる。刻んだ羊肉、水またはスープ1合を加えて10分弱火で煮込む」(『西洋料理通』)

「ネギ1本、ショウガ半かけ、ニンニク少々を細かく刻んでバター大さじ1で炒める。水1.5合と具(鶏肉、エビ、タイ、カキ、カエルなど)を加え、途中でカレー粉をふり入れて1時間煮込み、塩で味を調(ととの)え、水溶き小麦粉でとろみをつける」(『西洋料理指南』)

 以上は、料理書に掲載された日本初のカレーレシピ(現代語に要約)。原文ではバターは「ボートル」、分は「ミニュート」になっており、本来はタマネギを使うところを、まだ栽培されていなかったためネギで代用しています。

新宿中村屋ビル8階「グランナ」の純印度式カリーはア・ラ・カルトで1925円。ご飯は江戸時代に徳川将軍家に上納された希少な白目米を使用している(画像:畑中三応子)

『西洋料理通』『西洋料理指南』ともに1872(明治5)年の刊行。この2冊は題名に「西洋料理」の語を冠した最初の料理書としても有名です。男子結髪廃止の布令(断髪令)がその前年に出されるなど、生活全般の西洋化が急がれた時代でした。

 こうして純然たる西洋料理のひとつとして、カレーが導入されてから今日まで約150年。

 とろみのあるソースをご飯にかけた保守本流のカレーライス(もしくはライスカレー)のほかに、現在はスパイスカレーとキーマカレー、少し前まではバターチキンカレー、その前はグリーンカレーがブームだったように、さまざまな新しいトレンドが生まれ、あるものは定着し、あるものは消え去っていきました。

インドカレーのレシピは四半世紀後


【貴重画像】明治29年の「カレーレシピ」(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211009_curry_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画