日本最東端 絶海の孤島「南鳥島」に明治の日本人がたどり着いたワケ

世界でも屈指の領海と排他的経済水域を持つ日本。その背景を探ると、行きついたのはアホウドリでした。『アホウドリを追った日本人』(平岡昭利、岩波書店)について、ブログ「山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期」管理人の山下ゆ さんが紹介します。


さまざまな離島に進出した日本人

 東京都の東端はどこでしょうか? 江東区や葛飾区あたりが頭に浮かぶかもしれませんが、正解は日本の東端でもある南鳥島です。

南鳥島の全景(画像:小笠原村)

 南鳥島は1辺が2kmほどの三角形の形をしており、現在は自衛隊の管理する飛行場や気象庁の施設があるだけで一般の住民はいませんが、行政上は東京都小笠原村に属しています。ただし、南鳥島は小笠原諸島の父島から東南東に1300kmほど離れており(ちなみに東京から父島への距離は1000km弱)、まさに絶海の孤島とも言うべき場所です。

 この絶海の孤島に、日本人はどのようにして、そして何のためにたどり着いたのでしょうか? それを教えてくれるのが、平岡昭利『アホウドリを追った日本人』(岩波書店)です。

 明治から大正期の日本人は、この南鳥島をはじめ、鳥島、あるいは尖閣諸島など、人が住むにはどう考えても不適当な島へと進出していきますが、その理由が本書のタイトルに掲げられているアホウドリなのです。

 アホウドリは両翼を広げると2.4mにもなる太平洋でも最大級の海鳥なのですが、主に無人島で繁殖するために人を警戒することを知らず、簡単に捕殺されてしまったことからこの名前が付いています。

高価だったアホウドリの羽毛


【事前にチェック】「南鳥島」の位置

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画