痩せたい、病気になりたくない…そのために、これだけは守りたい「食事の鉄則」とは?

 私たちの体は、食べたものから作られます。それだけ、毎日の食事は大切なもの。今回は、健康のためにすぐにでも取り入れたい、今日から使える食事術をご紹介します。(ULM編集部)
[以下の記事監修:江東区森下 イシハラクリニック副院長 石原新菜医師]


食べ物は薬と同じ

「薬食同源」という言葉を聞いたことはありますか? 伝統医学でも使われてきた言葉で「病気を治療する薬と普段の食事はともに、健康を維持するためのものであり、源は同じである」という考え方です。

 その言葉通り、毎日、何げなく食べているものが私たちの体を形成するのはもちろん、今の健康状態を作っています。調子が悪かったり、思うような生活ができていないと感じるときは、食べるものや食べ方を見直してみてはいかがでしょうか。“正しい食べ方”を取り入れることで、健康的な体を作りましょう。

「栄養」と「栄養素」の違い

 よく口にする「栄養」という言葉ですが、実は間違った使い方をしている人が多いので要注意。「しっかり栄養を取りましょう」といった使い方だとNGで、この場合、正しくは「栄養素」と言います。

・栄養…人体の成長、または生命を保つために、食物を摂取し、エネルギーに変えてから、排出するまでの一連の「営み」のこと。
・栄養素…栄養という営みに必要な「物質」のこと。(例)たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど。

「栄養」とは、摂取→消化・吸収→代謝→排泄という「一連の営み」のこと




「栄養」がきちんとできていないと、食べたものをうまく、消化・吸収、代謝、排泄することができず、肥満やドロドロ血液などを引き起こします。これがいわゆる、現代病の原因に。現代人は、栄養をしっかり行えていない人が多いのです。

 健康のためには、適切な「栄養素」を取ることはもちろん、「栄養」を滞りなくできるようになることが大切です。

これだけは守りたい食事の鉄則 その1


この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/02/1-4-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/2-3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/3-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/22985594_s-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/202202_ishiharanina-1-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画