単に派手なだけじゃなかった バブルが生んだ「ボディコン」の残した大いなる遺産とは

バブル時代といって想像されるもののひとつに、ボディコンがあります。そんなボディコン、実は現在にも残るトレンドを数々生み出していました。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


太いベルトでウエストを絞め、スカートはタイト

 1980年代のバブル時代。東京の風景として思い出すのは、華やかな夜景とボディコンファッション(以下、ボディコン)に身を包んだ女性たちではないでしょうか。

 ボディコンーー女性特有の身体の線を強調したファッションが登場したのは、1986(昭和61)年の春ごろから。ブームとなってからはそのセクシーさが売りとなりましたが、当初は「お嬢さまファッション」の延長として現れたものでした。

1980年代のボディコンのイメージ(画像:アナスタシア)

 当時流行のお嬢さまファッションは、ルーズウエストとロングスカートが基本。しかしボディコンは真逆で、太いベルトでウエストを絞め、スカートはタイトで膝丈が基本。そんなファッションが、流行に敏感な当時の女性たちに受け入れられたのでした。

「ジュンコ・シマダ」や「ピンキー・アンド・ダイアン」など、さまざまなファッションブランドからボディコンが登場しました。とりわけ、赤や緑を使ったジュンコ・シマダのカラフルなファッションはその代名詞となりました。

結果、「朝シャン」を生んだ

 そんなボディコンの流行は、日常生活を変えました。ひとつは「朝シャン」です。

「朝シャン」のイメージ(画像:写真AC)

 近年の住宅の洗面台は蛇口部分がシャワーで、腰をかがめて髪の毛を洗えるようになっており、もはや当たり前の光景です。このスタイルが一般化したのは、ボディコンの流行が関係しています。

「ワンレン・ボディコン」という言葉もあったようにボディコンには、垂らした髪先を同じ長さに切りそろえたワンレングス(ワンレン)のロングヘアが必須です。そのため、髪を細かく手入れしてセットするには、朝のシャンプーが欠かせなかったのです。

補整下着も大人気


【アンケート調査】今もパワフル? バブル世代はいったい何歳まで仕事を続ける気?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200127_body_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画