今や予約は1年待ち 常識破りの「赤ちゃん顏人形」で業界を問う、元出版マン社長の苦悩と希望

人形問屋が軒を連ねる台東区・浅草橋。このエリアから南へ1kmほど行ったところに一風変わった人形店があります。商い未来研究所代表で、小売流通専門誌「商業界」元編集長の笹井清範さんが解説します。


父親の急逝で店を継ぐも……

 東京で「人形の街」と言えば台東区浅草橋。この地に人形市が開かれたのは江戸時代の中頃です。今でも浅草橋にはおよそ25軒の人形問屋が軒を連ねますが、そこから南へ1kmほど行くと、少し変わった人形店があります。

「両親から贈られたけど、気に入らないからキャンセルしたい」

 こんな電話をかけてきたのは、小さなお子さんを持つ母親でした。キャンセルの対象は、祖父母から愛する孫へのプレゼント。同じような電話を何本も受け、その人は将来に危機感を覚えました。その人とは、節句人形製造販売業「ふらここ」(中央区東日本橋)の代表取締役・原英洋(ひでひろ)さん。家業の人形店で働いているときのことでした。

人形工房「ふらここ」代表の原英洋さん。人形の愛らしさに加え、親の思いや願いをどのように人形に表現していくかを常に大切に考えながら、職人と社員と共に人形づくりに励んでいる(画像:笹井清範)

 祖父は人形業界初の無形文化財で、母もその技術を受け継ぐ伝統的な人形師。そんな家系の長男として生まれたものの、原さん自身は家業を継ぐ気はなく、大学卒業後は出版社に入社。ところが、1年もしないうちに父が急逝したため、やむなく23歳で家業に入り、店頭での販売に携わりました。その過程で「顧客ニーズが変わってきたことを肌で実感していた」と振り返ります。

 桃の節句(3月3日)と端午の節句(5月5日)は子の成長を願い、家族の絆を深める機会として、古くから親しまれる日本の伝統的な季節行事であり文化です。しかし、その市場は衰退を続け、典型的な構造不況に陥っています。

 団塊の世代が生まれた時代には270万人あった出生数が、いまやおよそ86万人と3分の1以下。少子高齢化、人口減少が進む日本で、今後この傾向が旧に復する見込みはほとんどありません。絶対数の減少ばかりでなく、節句人形を購入する割合も出生数の3分の1にまで落ち込んでいます。

「消費者への迎合ではなく、ニーズに応える」


【地図】「ふらここ」の場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210211_ningyo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画