渋谷ロフト担当者に聞く 2019年梅雨対策、売れ筋「傘」ランキング!

  • ライフ
渋谷ロフト担当者に聞く 2019年梅雨対策、売れ筋「傘」ランキング!

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

日本気象協会によると、関東甲信エリアの平年の梅雨入りは「6月8日ごろ」で、2019年は「平年並みか遅くなる可能性が高くなっています」とのこと。梅雨をポジティブに捉えて、オシャレで便利な傘をさしませんか?

梅雨の困りごと「外出時に傘を持っていく」

 早いもので、長かったゴールデンウイークからもうすぐ1か月。2019年ももう6月に入りました。運動会や夏物セール、ブライダルシーズンなど、6月にイメージされることはさまざまですが、一番はなんといっても「梅雨」でしょう。

2019年ももうすぐ梅雨入り(画像:写真AC)



 そんな梅雨で毎年話題を呼ぶのが、「梅雨入り」の時期です。日本気象協会(豊島区東池袋)のウェブサイトによると、平年の関東甲信エリアの梅雨入りは「6月8日ごろ」とのこと。同協会の気象予報士・望月圭子さんはサイト内で2019年の梅雨入りについて、「平年並みか遅くなる可能性が高くなっています」としています(5月30日時点)。

 市場調査大手のマクロミル(港区港南)が2018年5月に発表した「梅雨に関する調査」によると、「梅雨時の衣食住に関する困り事」として、「洗濯物が乾きにくい」「外出時に靴や衣服が濡れる」「住居内が湿っぽい」に次いで、「外出時に傘を持っていかなければいけない」が4位にランクインしており、梅雨時の傘には比較的ネガティブなイメージがあることが分かります。

 しかし近年はそんなイメージを払しょくするような、機能的でおしゃれな傘がたくさん発売されています。約1400種類のレイングッズを取りそろえる渋谷ロフト(渋谷区宇田川町)に、同店の売れ筋ベスト3と、おすすめ2品を紹介してもらいました。

華やかデザインで雨の日もテンション上がる

 まずは売れ筋から。同店担当者にひとつずつ説明してもらいましょう。

1位:ハート刺繍ボーダーミニ(2200円)

「ハートのワンポイントがかわいい折り畳み傘です。畳むと約20cmとコンパクトながら、親骨の長さは50cmで大きめサイズになっています。開閉時に骨をポキポキ折る必要がないイージーオープンタイプで、手ごろな価格帯ながら使い勝手も良いところが人気です。ケースはファナー付きのポーチ型タイプ。外側にループが付いているため、バッグなどに吊り下げることも可能です。紫外線防止効果もあり、日傘としても使えます」

2位:plantica プラスティックアンブレラ(2300円)

「フラワーアーティストと華道家によるフラワーアートユニット『plantica』とのコラボデザインのビニール傘です。特徴的なドーム型のデザインで、肩まですっぽり覆って、雨を防いでくれます。透明なので見通しも良く、花びらを散らした華やかなデザインで、沈みがちな雨の日も気分が上がります」

3位:エクストラライトアンブレラ(2900円)

「わずか69gと、ロフトで取り扱いの傘の中でも最軽量の折りたたみ傘です。傘骨は軽量ながら、丈夫なカーボン素材を使用。カバンの中に入れていても気にならない重さのため、常備しておけば不安定な天気の日も安心です」

雨からリュックを守ってくれる傘も

 次に、同店おすすめの2品です。

●バックプロテクトアンブレラ(2900円)

「傘を開くと後方部分の布がスライドして拡大し、リュックも雨から守ってくれる長傘です。男女ともに使いやすいユニセックスデザインで、お子さまをおんぶしながら傘をさしたい時などに便利です」

●korko(コルコ) 自動開閉日傘(4900円)

「ボタンを押すだけでワンタッチ、片手で開閉ができる自動開閉タイプの傘です。荷物などで手がふさがっていても使いやすいですね。UVカット率・遮光率が99%以上で、遮熱効果もあるため、熱中症対策にもおすすめとなっています」

※ ※ ※

 来たる梅雨に向けて、機能的でおしゃれな傘で楽しく過ごしたいものです。

関連記事