早稲田志願者は10万人割れも、立教は4000人増 混迷する「都内難関私大」を取り囲む複合的要因とは

混迷する私立大学入試。その背景にあるのは私立大学の定員厳格化による「安全志向」だけではありません。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


有名私立大学を敬遠する動きが加速

 大学生の東京一極集中を是正するため、私立大学の定員厳格化が導入されました。これにより、大学が合格者数を規定より多く出すと国からの助成金が削減されることとなり、その結果、私立大学の入試難易度は上がりました。

 それを受け、受験生の安全志向は加速。早慶(早稲田大学、慶応義塾大学)や上智大学(千代田区紀尾井町)、東京理科大(新宿区神楽坂)に始まり、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)を敬遠する動きが広がりました。

 流れは日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)にも及びます。アメリカンフットボール部の不祥事による志願者減少から回復した日本大学(千代田区九段南)を除き、2020年度試験の志願者は軒並み2019年を割りました。

 また2021年から始まった大学入学共通テスト(以下、共通テスト)を回避しようと、受験生の現役志向も高まり、安全志向はさらに顕著なものとなりました。

 そこに、新型コロナウイルスの感染拡大や地方に住む受験生の地元志向の高まりも加わり、大学入試にまつわる状況は混迷を極めています。

早稲田志願者が10万人割れ

 2021年の早稲田大学(新宿区戸塚)の志願者数は9万1659人と、2020年の10万4756人から1万3097人減り、10万人を切り話題を呼んでいます。

早稲田大学(画像:写真AC)

 また、明治大学(千代田区神田駿河台)の学力試験の志願者数は9万9009人に。これは共通テスト利用入学試験の後期日程の志願者数が含まれていませんが、3学部(商学部、理工学部、総合数理学部)の募集人員は合計52人と少なく、2020年の同試験の志願者は約430人ということを考慮すると、志願者は10万人を割り込みそうです。

 一方、立教大学(豊島区西池袋)の志願者は2020年より4000人以上増加し、有名私立大学のなかでほぼ唯一減少しませんでした。

政経の人員削減に踏み切った早稲田


【受験生に聞いた】新型コロナの流行で、受験前に不安に感じたことは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210210_shiritsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210210_shiritsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210210_shiritsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210210_shiritsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210210_shiritsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210210_shiritsu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画