一見、無気力だが実は革命的――70年代を駆け抜けた女優「秋吉久美子」とは何だったのか

1972年のデビュー以来、第一線で活躍を続ける女優・秋吉久美子。そんな彼女の魅力について、9月刊行『秋吉久美子 調書』から作家の中川右介さんが読み解きます。


「一つの時代は、時代を代表する俳優を持つべき」

 ちょうど50年前の1970(昭和45)年11月、作家・三島由紀夫は壮絶な死を遂げました。三島は小説だけでなく、多くの戯曲も書き、文学座などの劇団とも深い関係を持ち、その戯曲は、いまも上演されています。

 その三島由紀夫と関係が深かったのが、歌舞伎役者・6代目中村歌右衛門です。三島は1959年に歌右衛門の写真集を編集し、その本の「序説」は歌右衛門論であるだけでなく、俳優論にもなっていますが、こう始まります。

「一つの時代は、時代を代表する俳優を持つべきである」

 三島は、歌右衛門こそがその時代を代表する俳優だと論を展開していきます。

70年代を代表する女優

 三島は1970年に亡くなりました。したがって、70年代を代表する俳優が誰かをこの作家は知りません。でも、私たちは知っています。そのひとりが、秋吉久美子であることを。

 2020年9月に刊行された『秋吉久美子 調書』(筑摩書房)は、その秋吉久美子が、映画評論家で監督の樋口尚文氏との対談的なインタビューを受け、それをまとめた本です。

2020年9月刊行の『秋吉久美子 調書』(画像:筑摩書房)

 樋口氏はこう書きます。

「秋吉久美子は1970年代を特権的に背負い、反映した、あの時代を象徴することにおいてのみ突出している女優だと思われるかもしれないが、それも誤りである。当時の多くのファンは、秋吉は70年代の青春の代名詞として記憶し続けているかもしれないが、それは厳密ではない。もちろん秋吉は、強烈に70年代的なるものを映してスクリーンに弾けていたし、彼女の人気を起爆させたホットスポットは間違いなくそこにあるのだが、そのフィルモグラフィを直視すれば彼女をそこのみに要約するわけにはいかなくなるのだ」

 樋口氏は、秋吉久美子は「要約」されることから「逃走」してきた女優だと言います。その逃走の記録が、この本だと言っていいかもしれません。

 要約を拒む女優の本を要約することは不可能なのですが、試みましょう。

 本の巻頭には秋吉久美子自身の「はじめに」があります。その一部が帯にも引用されています。

「これは『調書』だからセンチメンタルではいけない。読み物だからつまらなくてはいけない。45年余の女優人生。私は見た。私は挑んだ。そして私は語った。ウソはない。調書だから」

 これだけでも秋吉久美子が自分を客観視し、その言動を自分で解説できる人だと分かります。

 この本は秋吉久美子論であるだけでなく、俳優という職業がどういうもので、俳優はどういう意識で演じているかを、客観と主観をないまぜにして語っている本なのです。芸能人の自伝的な本のみならず、俳優論、演技論、映画論として成立しています。

福島の文学少女が女優になるまで


【画像】ファン垂涎! 秋吉久美子の「秘蔵写真」を見る(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_akiyoshi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画