なぜ女子高生は「制服」を着崩さなくなったのか? 90年代ギャルと現代女子、決定的違いの根拠とは

流行に敏感な女子高生たちの制服スタイルは、時代を映す鏡でもあります。90年代後半のミニスカ姿はすっかり見掛けなくなり、今どきは品行方正な着こなしが主流のよう。移り変わりの背景を、平成ガールズカルチャー研究家のTajimaxさんが考察します。


90年代のギャル全盛期と比較する

 思い返させばすごく着心地がよかったし、走りやすかった。
 へこんだスクールバッグ(スクバ)も少し伸びたその肩ひもも、体にとてもなじんでいた記憶がある。
 そして何よりも自分が「女子高生」という実感が持ててうれしかった。
 学校は好きではなかったけど制服を着るのは嫌じゃなかった――。

 これが、90年後半に青春を過ごした筆者の、制服にまつわる感想です。

 人が服装に求める快適さと心地よさは、周囲が想像するものと必ずしも同じとは限りません。

 特に制服に関してはそう。着ている本人と見る人によって、快適さの定義はだいぶ異なるように思います。

 今回は制服の話をしたいと思います。

「平成の制服進化論」はさまざまな場面でたびたび展開されていますが、本稿で取り上げるのは、筆者自身が過ごした90年代後半の制服と、現代の制服の比較についてです。

武装とも言える90年代制服コード

 90年代の制服にはとにかく、常に細かい「着崩す」というドレスコードがありました。特に東京生まれの筆者にとって、そのドレスコードは無視できないものでした。

 誰が決めたわけでもないドレスコード。だけど常に進化するドレスコード。ほんの少しの差でイケてる感じが出るし、逆にイモ臭くもなる。当時の制服のドレスコードはそんな、とても不可思議なものでした。

 ところで、90年代後半の制服スタイルのイメージは、現代の制服よりもイメージしやすいのではないでしょうか。常にちょっとした(本当にちょっとした)変化はあれど、目に見えやすくイメージとして捉えやすい特徴がいくつもありました。

 例えばルーズソックス、ラルフローレンのベスト、ミニスカートにショッパー(ブランドショップの買い物袋)、他校のスクバなど……。

 ここにさらにハイビスカスや髪留めやクリップ、キティちゃんといった絶対的なアイテムがプラスさせます。もちろんPHSも欠かせません。

 とにかくごてごてとデコラティブで、もはやドレスコードというよりも武装に近いものがありました。

最も重要だったのは「着崩し方」


【画像】90年代ギャルと現代女子、「制服」の変化を雑誌の誌面で見比べる(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画