きっかけは日本人の勘違い! 日本でクリスマスに「ケーキ」が食べられるようになったワケ

日本でクリスマスケーキが売れ始めたのは1950年からです。いったいなぜでしょうか? 著書『焼き鳥の戦前史』においてクリスマスチキン、クリスマスケーキの歴史を明らかにした食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


1950年の銀座で突然ブームに

 1950(昭和25)年12月24日の読売新聞夕刊は、銀座でクリスマスケーキが「ドンドン売れた」現象を報じています。

 記事には「今年だけに見られる現象」とあるので、日本でクリスマスケーキが売れ始めたのは、どうやら1950年からのようです。

近年のクリスマスケーキ(画像:写真AC)

 なぜ突然クリスマスケーキがブームになったのでしょうか。ケーキ業者によると、

「それだけ生活感情もアメリカ式に切り替えられたせいでしよう」

 つまりアメリカの影響によるとのこと。

 クリスマスケーキはこの年以降日本に定着したのですが、なぜ始まりが1950年だったのでしょうか? そして、アメリカの影響とは何だったのでしょうか?

日本最古のクリスマスケーキとは

 かなよみ新聞1878(明治11)年12月24日の風月堂の広告に「フロンケーク 祝日用かざり菓子」の文字があります。これが、日本最古のクリスマスケーキの広告です。

 フロンケークとは、イギリスのクリスマスケーキ、プラムケーキ(plum cake = フルーツケーキ)が日本でなまった言葉です。

 イギリスではヴィクトリア女王の時代から、マジパンで装飾したプラムケーキでクリスマスを祝うようになりました(ニコラ・ハンブル著『ケーキの歴史物語』)

プラムケーキにマジパンで装飾した、イギリス大手スーパー・セインズベリーズのクリスマスケーキ(画像:Sainsbury’s Supermarkets Ltd)

 銀座周辺の有名洋菓子店、風月堂や壺屋がこのプラムケーキを売るようになったのが、日本のクリスマスケーキの始まりです。

 しかしながら、イギリスから来たクリスマスケーキという習慣は、日本に定着することはありませんでした。

アメリカ軍の奇妙な風習


【貴重画像】日本最古の「クリスマスケーキ広告」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211208_cake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211208_cake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211208_cake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211208_cake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211208_cake_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画