映画『ジョーカー』と渋谷ハロウィン騒動から見る、中途半端な「東京のこれから」

日本女子大学人間社会学部准教授の田中大介さんが大ヒット映画『ジョーカー』と渋谷スクランブル交差点の比較と通して、今後の東京の行方について考察します。


東京の都市暴動とハロウィンの相関性

 不幸な生い立ちを持つ主人公が、いかにして悪のカリスマになっていくのか――アメコミ界でもっとも有名な悪役の誕生を描いた映画『ジョーカー』は、2019年最大のヒット洋画になりそうです。

映画『ジョーカー』オフィシャルサイト(画像:(C)2019 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved)

「ゴッサム・シティ」という都市の街路や路地といったストリート、バスや電車などの公共交通がさまざまな事件の舞台となって、ストーリーは展開していきます。なお、「ゴッサム・シティ」はニューヨークがモデルで、かつロケ地のひとつとされています。

 ストーリーのなかで、ピエロの仮面をつけた人びとがさまざまな交通手段を使って都心部に集まってくるシーンがあります。これはどこかで見たような光景ではないでしょうか? そう、渋谷駅前のスクランブル交差点で毎年行われるハロウィンの仮装です。

 映画『ジョーカー』は、階級闘争(支配階級と被支配階級との闘争)と都市暴動の話でもあります。もちろん「アメリカで作られたフィクションでしょ」というシニカルな人もいるでしょう。

 たしかに、ゴッサム・シティという架空の都市と東京の渋谷という実際の都市を並べるのは無理があります。ただ、東京やその近辺でそうした都市暴動がなかったわけではありません。

 戦前であれば1905(明治38)年の日比谷焼き打ち事件、戦後であれば1973(昭和48)年の首都圏国電暴動が有名です。それらと比較すると、スクランブル交差点の群衆行動には政治的なメッセージが不在です。むしろ「ただの娯楽活動」といったほうがいいでしょう。仮装をした匿名的な群衆が騒乱をおこす――そんな共通性があったとしても、映画『ジョーカー』からみると、渋谷スクランブル交差点の群衆行動は、「ぬるい」とも「おだやか」ともいえそうです。

「お行儀よくいるべき場所」での大騒ぎ


【データから学ぶ】ハロウィンの参加率は2年連続で低下していた! 2019年定点調査からわかったこと

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191205_joker_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画