「凶悪事件」を題材にしたゲームが東京で流行し始めているワケ

殺人事件を題材にしたアナログゲーム「マーダーミステリー(Murder mystery game)」が、東京でも徐々に注目を集め始めています。新宿や渋谷、池袋、立川など、主要エリアには専門のボードゲームカフェがオープンするほど。ゲームの魅力について文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


注目のアナログゲームに新ジャンル

 今、にわかに話題となっているゲームジャンルが「マーダーミステリー(Murder mystery game)」です。

 マーダーミステリーとは、その名の通り殺人事件を題材にしたアナログゲーム。プレイヤーは犯人を含む物語の登場人物となって、物語の中で起こった殺人事件の犯人を捜したり、犯人ならば逃げおおせたり、自分の望む結末を目指して物語を体験していきます。

 没入型推理ゲームと言えるものでしょう。

殺人事件を題材にしたアナログゲーム「マーダーミステリー」とは何か?(画像:写真AC)

 それぞれのプレイヤーにはストーリーに沿ってさまざまな設定が与えられます。また、犯人捜し以外にも、個々に設定された秘密のミッションの達成があったりします。

 基本的には会話で情報集めをするため、誰と協力するとよいか、誰をだませばよいのかなど、自分の立ち位置を考えつつ周りの人と会話を進めるコミュニケーションゲームでもあります。

 みんなで集めた情報や証拠をまとめ、犯人を推理していく様は以前から人気の「人狼ゲーム」やリアル謎解きゲームとも共通し、さらにロールプレイ(演じる)要素をハイブリッドしたゲーム性があるのがこのマーダーミステリーと言えるでしょう。

 ボードゲームのようにシナリオやカードがパッケージで販売されることが多いのですが、最近はオンラインでも開催されるなど、広がりを見せています。また、「JOLDEENO(ジョルディーノ)」(立川市錦町)や「Rabbithole(ラビットホール)」(新宿区西新宿、渋谷区渋谷、豊島区西池袋ほか)など、マーダーミステリー専用のボードゲームカフェも生まれています。

都内に新店舗、人気の理由は


【画像】話題のゲーム 「注目作品」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_mystery_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画