掛けた費用は3000万円超!「伝書バト」に人生をささげた男性、北海道―東京1000kmレースに出場し

華やかできらびやかな街というイメージが強い東京。しかし、大通りから1本路地に入れば、そこには昔懐かしい住宅地が広がり、名も知らぬ人々がそれぞれの人生を生きています。今回紹介するのは、伝書バトの魅力に取りつかれた83歳の男性の物語です。


見よう見まねで始めた22歳

 きらびやかなばかりが東京ではない――。都心のふとした片隅に突如現れる、昭和のまま取り残されたような異空間。そこにもまた名も知らぬ人々が暮らし、大切な今日をただひたむきに生きていました。東京裏路地ウォッチャー、佐藤栄一さんの取材インタビューです。

※ ※ ※

 大田区の大森に住んでいた元旋盤工の畑中進さん(仮名、83歳)には、若い頃から自慢にしていた趣味があります。それは大空にハトを飛ばして順位を競うレースです。

男性をとりこにした伝書バト。その魅力とは(画像:写真AC)

 畑中さんは伝書バトが日本でブームになり出した頃、見よう見まねで2羽をハト用のカゴに入れ、台東区の上野公園から自宅まで飛ばしていました。

 まだ何も詳しくない、22歳のときです。

 電車の中でたまたま知り合った人から「伝書バトの協会があるのであなたも会員になってレースに出したらいいよ」とアドバイスを受け、1963(昭和38)年、本格的に自宅に鳩舎(きゅうしゃ)を造り、4羽から飼うことにしたのです。

 いいハトになると、当時でも1羽2万円もしました。小遣いは全てハトのエサ代で消えます。すぐ自分で気に入ったハトを設け、どんどん数は増えて、最後は71羽にまで増えました。

 幸い、家族はハトの趣味に理解があって、長男の畑中さんが仕事さえ真面目にしてくれていたらそれでいい、といった感じでした。

1964年、東京五輪の晴れ舞台


【画像】「レース鳩」の情報誌

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211126_dove_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_dove_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_dove_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_dove_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_dove_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_dove_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画