かつて「大戸屋」に実在した衝撃サービス 「ふりかけ」ボトルキープをご存じですか?

家庭料理のような味わいで大勢のファンを持つ外食チェーン、大戸屋。その歴史は想像以上に長く、最初の開店は1958(昭和33)年。東京タワーと同い年です。庶民の胃袋を温めてきたサービスの歴史は、日本の昭和・平成史とも重なります。20世紀研究家の星野正子さんが振り返ります。


家庭料理のような素朴さが人気

 1年余りにわたった株式公開買い付け(TOB)の攻防で、経済ニュースを騒がしていた外食大手の大戸屋ホールディングス(武蔵野市中町)。

 2020年9月上旬にコロワイド(横浜市)が約47%の株式を取得してTOBが成立、今後は子会社化されることになり動向が注目されています。

家庭料理のような素朴な定食が人気の「大戸屋」。1958(昭和33)年開店という、長い歴史を持つ(画像:(C)Google)

 いつでも定番の味を提供してくれている大戸屋……正確には「大戸屋ごはん処」。

 小ギレイな雰囲気のファミレス風な内装で、いつも賑わっている定食屋のチェーンです。でも、ちょっと凝ったメニューもたくさんある現在の大戸屋は1990(平成2)年以降のもの。それ以前の大戸屋というのは、まったく雰囲気が違います。

 過去の資料を引用してみましょう。

※ ※ ※

 開業以来27年間、安さで勝負してきた池袋でも指折りの大衆食堂。豊富な定食メニューはおすすめもんがズラリ。コロッケ定食、あじフライ定食(ともに300円)、あじフライ、たけのこの煮物、くじらの大和煮、目玉焼きにみそ汁がつく「ランチ」(390円)などなど。

 桃屋の「ごはんですよ」、丸美屋の「ドクタースランプふりかけ」がキープできるのも魅力。

『ひとり暮らしの東京事典 ’84年版』CBS・ソニー出版 1984(昭和59)年

※ ※ ※

開店は1958年、全品50円均一


【画像】1958(昭和33)年、開店当時の「大戸屋」を見る(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201002_ooto_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201002_ooto_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201002_ooto_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201002_ooto_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201002_ooto_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画