かつて東京に非営利の「質屋」があった! 金利は低め、人情でお金を借りられた時代を振り返る

かつて都内に、区役所が運営する「公益質屋」があったのをご存じでしょうか。いったいどのような質屋だったのでしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


自治体が運営していた「公益質屋」

 かつて庶民は急なお金が必要になると、質屋に駆け込んでいました。昭和の映画やドラマを見ると、タンスから着物を取り出して、ひと目を気にしながら質屋に入っていくシーンがよく描かれています。

 現在、白地に赤い文字で「質」と書かれた昔ながらの看板を掲げている都内の質屋は少なくなりました。また、その価値も変化し、今では不用なブランド品を買い取ってもらう存在となっています。

 そんな質屋の運営は民間というイメージが強いですが、かつては自治体も運営しており、都内では主に「公益質屋」と呼ばれていました。

 公益質屋は社会福祉事業の一環として制度化されたもので、営業質屋と呼ばれる一般の質屋よりも金利が低く、質流れまでの期間が長いなど、生活に困窮する社会的弱者の救済に主眼を置いたものでした。

 この制度は1912(大正元)年に宮崎県で始まったものが最初と言われています。その後、1927(昭和2)年に関連法が定められ、市町村および社会福祉法人が事業を担っていきます。東京都では一時期、都営の公益質屋も存在していました。

高度成長期を過ぎてもあった需要


【貴重画像】昭和27年に撮影された「公益質屋」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210512_shichiya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_shichiya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_shichiya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_shichiya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210512_shichiya_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画