口裂け女はいずこへ……かつての「都市伝説」が最近の若者に全くウケない理由

口裂け女やツチノコに代表されるような「都市伝説」は1970年代頃盛んに生まれ、当時の子どもや若者を大いににぎわせました。一方、2020年の若者は、こうした都市伝説のたぐいに全くピンと来ない様子。このジェネレーションギャップの理由は何か、「Z総研」トレンド分析担当の道満綾香さんが考察します。


都市伝説に「恐れる」時代から「消費する」時代へ

 そのうわさは1978(昭和53)年、岐阜県で生まれたと言われています。

 顔半分を隠すほど大きなマスクをした若い女性が、学校帰りの子どもの前に現れ「私、きれい?」と話しかける。その問いに「きれい」と答えると、「……これでも?」と言いながらおもむろにマスクを外す。外したマスクの下には、耳元まで無残に裂けた異様な口が……。

 そう、「口裂け女」の都市伝説です。

 このうわさは当時の子どもや若者の間で伝言ゲームのように伝わっていき、内容の恐ろしさも相まって一気に全国へと広がりました。もちろん東京も例外ではありません。在京の大手メディアが取り上げて、“情報拡散”の一翼を担ったくらいですから。

 こうした都市伝説や怪談話のたぐいは、この時期の日本を大いににぎわせていたようです。例えば「ツチノコ」や「トイレの花子さん」の話を、子どもの頃の記憶として懐かしく思い出す世代も多いのではないでしょうか。

かつて日本中の子どもや若者を恐怖に陥れた「口裂け女」のうわさは今いずこ(画像:写真AC)

 インターネットも無い時代、友達から直接聞いた話はどこか全否定しきれない信ぴょう性をはらみ、また「事実確認をしようにもその手段が極めて限られている」という状況は、若い世代を中心にこれほどまでの熱狂を生んだ一因となったのかもしれません。

 さて、翻って2020年、令和を生きる若い世代は、こうしたうわさをどのように捉えているのでしょうか。

「今ならブームにならないのでは?」


【調査】外出自粛で若者に人気の「#おうちカフェ」、何人にひとりが挑戦済み?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200419_legend_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画