「あと少し頑張ってみよう」 閉塞する街・東京にMr.Childrenが差し伸べる一筋の希望とは

地方から上京し、毎日がむしゃらに働いても夢が叶うかどうかは分からない。きらびやかな一方で閉塞も感じる東京に暮らす人々に、Mr.Childrenは温かな歌詞でそっと寄り添ってくれます。日本が誇るロックバンドが見つける「東京」の姿を、音楽ライターの松本侃士さんが解説します。


時代、世代を超えて支持される理由

 日本が誇る稀代のロックバンド、Mr.Children。

 彼らは、25年以上にわたって、あらゆるリスナーに優しく寄り添いながら、私たちの日々の生活を彩り、肯定し、そして時に、新しい一歩を踏み出す勇気を授け続けてくれています。

2020年12月に発売されたMr.Childrenの最新アルバム『SOUNDTRACKS』。「まるでひとつの物語のよう」などと評判を呼んでいる(画像:トイズファクトリー)

「innocent world」「Tomorrow never knows」「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」「名もなき詩」「終わりなき旅」「Sign」「GIFT」「HANABI」「エソラ」「365日」「足音 ~Be Strong」、そして「ヒカリノアトリエ」。

 このように代表曲を挙げていけばキリがありませんが、これまでの日本の音楽シーンを振り返っても、日本国民、世代を問わず誰もが口ずさむことのできる楽曲を、これほどまでに数多く有するロックバンドは他にいないでしょう。

 桜井和寿が綴る歌詞は、あらゆる時代のあらゆるリスナーの生活に寄り添う普遍性が宿っており、それ故、Mr.Childrenの楽曲の大きな傾向として、特定の地名や固有名詞が歌詞の中に登場することは極めて稀です。

 そんな中でも、Mr.Childrenが“東京”を歌った楽曲があります。2008(平成20)年に発表されたアルバム『SUPERMARKET FANTASY』に収録されたアルバム曲「東京」です。

 桜井和寿は、どのような観点から東京を見据え、切り取り、どのようなメッセージを伝えようとしているのでしょうか。この楽曲の歌詞を紐解いていきましょう。

無機質で冷淡なイメージの東京


【ランキング】「働く人の応援歌」3位ミスチル、1位は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画