都会のカフェチェーンで「勉強する人」をやたら見かける理由

東京を始めとする大都会のカフェチェーンに行くと、必ず見かけるのがパソコンで勉強をしている人たちの姿です。彼らはなぜカフェチェーンにわざわざ行っているのでしょうか。日本女子大学人間社会学部准教授の田中大介さんが解説します。


カフェでの勉強は合理的ではない?

「長時間の勉強はご遠慮ください」

 カフェではしばしば、このような表示を見かけます。特に都市や市街地のカフェチェーンで掲示されていることが多いです。カフェで周りを見回してみると、確かに勉強をしている人が大勢います。最近では「勉強カフェ」を名乗る時間制料金のレンタルスペースもあります。

カフェで勉強・仕事をする人のイメージ(画像:写真AC)

 なぜ、都市の人はカフェで勉強するのでしょうか。自宅であれば人目を気にせずリラックスして勉強できますし、図書館であれば静かに集中して勉強するのに最適です。自習室があるところも少なくありません。そもそもこれらの場所は出入りに金銭の支払いの必要がない無料の空間です。

 また、客に少ない注文で店内に長時間滞在されることは、顧客の回転率(1日の来客数÷客席数)を上げて、利益を確保しなければならない企業側にとって悩ましい問題です。

 そのため「もうからないので早く店を出てください」とはなかなかいいにくそうですが、「お待ちのお客さまへの配慮」ということで冒頭のようなメッセージが出されることになります。

 そう考えると、

・わざわざ街に出て
・お金を払い
・人目も雑音もある環境で
・お店側のお願いや他の客の迷惑を無視してまで

勉強をすることは、かなり不合理な行動のように見えます。

「スマートに勉強する自分」を演じる効果

 国内カフェ業界のトップに君臨しているのは、シアトル系やセカンドウエーブなどと表現されるスターバックスです。

 スターバックスやその影響を受けた近年のカフェチェーンは、インテリア、椅子やテーブル、カップやお皿、スイーツやデニッシュ、スタッフの制服などのデザインを統一・調和させて、洗練された雰囲気と空間を作り上げています。

東京都内にあるスターバックスのイメージ(画像:写真AC)

 すてきな空間でおしゃれな装いをして、最新のドリンクやスイーツを楽しみ、SNS映えを意識する――そんな目的をもって訪れる人たちがいるカフェは、人目のなかで自分を演出する「演劇性」の高い空間だといえます。

 そういう場所で勉強する人たちは、「スマートに勉強する自分」を演じることに酔っているだけとやゆされることもありそうです。そんな不純なことに気を取られず、真面目にやれ、と。

 とはいえ、適度に人目と雑音があるなかで「スマートに勉強する自分」を演じることは、「勉強や仕事する自分になる」ことでもあるのではないでしょうか。彼らは、人のまなざしを通して気持ちのモードを切り替え、そのように背伸びをしてモチベーションを維持しているのかもしれません。

セルフ方式という空間


【図表】カフェのブランド調査、1位は「スターバックス」だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211008_cafe_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画