29歳・慶應卒、アプリ起業で「動物保護」を目指す理由

2019年3月29日

ライフ
ULM編集部

動物好きの若き女性社長が開発したのは、ペットシッターのマッチングアプリです。なぜ開発に至ったのでしょうか。


熊本県出身、米国でIT修業

 毎日の仕事が忙しくて、愛犬を散歩に連れていけない――。

 そんな現代人の悩みに答えてくれるiOSアプリ「ぱうわん」が2019年3月25日(月)、サービスを開始しました。開発したのは2018年5月創業のスタートアップ・ぱうれんつ(港区南麻布)です。

 代表の前田葵さんは熊本県出身で、1989(平成元)年生まれの29歳。慶應義塾大学法学部卒業後に渡米し、現地IT企業に勤務したのち帰国。その後、国内最大手のチャットアプリの開発業務に携わってきました。そんな前田さんが開発した「ぱうわん」、いったいどのようなサービスなのでしょうか。

愛犬とともに笑顔を見せる「ぱうわん」代表の前田葵さん(画像:ぱうれんつ)

「ぱうわん」は、仕事などで忙しいペットの飼い主が、散歩や一時預かり、トリミングなどをプロのペットシッター(以下、シッター)やトリマーに依頼できるサービス。対応エリアは現在、港区と目黒区、渋谷区の都内3区のみですが、2019年内に5区まで拡大を予定しています。

 利用者はアプリをダウンロードしたら、個人情報(クレジットカード情報含む)とペットの情報を登録。その後、利用日時やペットの受け渡し場所(3区内)、シッターの性別など選択し、依頼を行います。一度の依頼で指定できるペットは2頭まで。サービスの主な対象は犬ですが、シッター次第では猫やその他の動物も依頼できます。ペットを返却してもらう場所は3区外でも構いません。

 指定時間になったら、マッチングしたシッターと待ち合わせ、ペットを預けます。その際、首輪とリード、エチケット袋は事前準備が必要です。ペットを受け渡し後、アプリ内のチャットでシッターと細かなやりとりができます。

 また、利用者はスマートフォンのGPS機能を利用してペットとシッターの現在地を把握できるほか、ペットの食事や水を飲んだ回数、排泄回数までもリアルタイムで知ることができます。

 ここでひとつの疑問が。こんなに細かいサービス、本当にニーズがあるのでしょうか。

「実は2019年2月1日にアプリのベータ版をリリースしたとき、ペットの行動が可視化できるこのようなサービスがもっとも好評だったんです。飼い主さんたちは、ご自身と離れてからも常にペットが心配でならないご様子でした。今回の本格的なサービス開始にあたり、飼い主さんたちに『安心感』を感じてもらうためにも、サービスの強いPR点にしていきたいです」(前田さん)

 なお、サービス中に事故が発生した際には、賠償責任保険が適応されます。

保護犬施設のボランティアも


【写真】愛犬とくつろぐ前田葵さん(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/03/190326_pet_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190326_pet_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190326_pet_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190326_pet_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/190326_pet_02-150x150.jpg

New Article

新着記事