金メダルも追い風に? テニス・ゴルフより、今や「スケボー」が人気となった納得の社会背景

東京オリンピックで男女の日本人選手がそろって初代金メダルを獲得し、一躍世間の注目を集めた新競技、スケートボードのストリート。昨今、こうした「アーバンスポーツ」が徐々に広がりを見せています。そこにはどういった理由があるのでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


都市での開催が可能なスポーツ、人気の変遷

 2021年7月に開幕した東京オリンピックには「アーバンスポーツ」が新たな種目として加えられました。ここでは施設開発の視点でアーバンスポーツを見ていきたいと思います。

 アーバンスポーツとは、エクストリームスポーツの中で都市での開催が可能なものと定義づけられています。

 一方、エクストリームスポーツの定義はあいまいな部分もありますが、速さ・高さ・危険さ・華麗さなどで過激(extreme)な離れ業を競うスポーツのこととされ、さらにファッションや音楽など現代の若者文化と融合性があってエンターテインメント性が高いことが言われています。

 エクストリームスポーツの「Xgames」は日本でも人気があり、見たことや名前を聞いたことのある人もいるでしょう。アーバンスポーツに該当するものはスケートボード、インラインスケート、スポーツクライミング、3×3、BMX、パルクール、ブレイクダンスなど。

東京オリンピックで男女とも日本人が金メダルを獲得し、一気に注目を集めたスケートボード(画像:写真AC)

 これらは大きなスペースがなかなかない都市の街中でも始められる、ひとりでも始められるなど、自由度が大きいことが特徴とされています。また、SNSにアップしたプレー動画がきっかけで大きな海外大会へ招待されたり、若年層でもプロになれたり、国内プロスポーツとは異なる自由さもあります。

 今回からオリンピック種目に加えられたスケボーでは、男子ストリートで堀米雄斗選手(22歳)が初代金メダルを獲得し、さらに女子では若干13歳の西矢椛(もみじ)選手が初代金メダルを、中山楓奈選手(16歳)が初代銅メダルを獲得。そのプレーがさまざまなメディアに取り上げられました。

多様化し、増加する都市のスポーツ施設


【わずか2週間前】オリンピック直前調査、スケボーの注目度はどのくらいだった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_usports_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画